銀魂-最強キャラ決定!登場したキャラの強さランキングベスト10!

銀魂最強キャラランキング

14年に渡るジャンプ本誌での連載が終了した銀魂。

長期連載ならではの特徴で、個性的なキャラクターが数多く登場しましたよね。

コメディとシリアスの降り幅が大きいのも作品の魅力の1つで、シリアスパートでは格好いい戦闘シーンも見られます。

そんな銀魂の中で、最強キャラは一体誰だと思いますか?

それぞれの強さをランキングにまとめてみました!

銀魂とは?

銀魂とは、幕末と近未来が融合したSF時代劇という設定が話題になり、降り幅の大きなコメディとシリアスが、絶妙なバランスで語られるストーリーが大人気となった漫画です。

テレビアニメ化だけでなくアニメでも実写でも映画化されて、特に実写映画は少年漫画の実写化作品の中では突出したヒットを記録しています!

最近では、2004年から14年続いた連載が遂に終了となったはずが、物語は完結せず、他誌に最終章が掲載される事が発表されて話題になりましたね。

アニメの方では何度かあった「終わる終わる詐欺」が、まさかの原作に逆輸入というのに驚きながらも、「まぁ銀魂だし…」とつい思ってしまった人も多いのではないでしょうか?

長期連載だけに登場するキャラは数多いのですが、どの登場人物もかなりキャラが立っています。

そんな超個性的なキャラ達が、普段はコメディパートで全力でふざけているのに、シリアスパートでは全く違う一面を見せて、信念をぶつけ合ったり激しい戦いを繰り広げるのもアツいですよね!


銀魂最強キャラランキング・ベスト10

第10位:泥水次郎長

  • 種族:地球人
  • 所属:溝鼠組

かぶき町内でも恐れられている極道「溝鼠組」の組長で、周囲から大侠客という異名で呼ばれるキャラクターです。

かぶき町四天王の1人でもありました。

大親友の辰五郎を亡くしてからは、幼なじみで辰五郎の妻であるお登勢を守る事を優先してきていて、そのために銀時と対立したこともあるんですね。

そんな泥水次郎長は、太刀筋が見えないほどの居合いの達人です。

年を重ねてからはあまり戦うことはなかったのですが、並の真剣相手には負けない銀時の木刀をへし折ったり、墓石や仏像を粉砕したりと戦闘力に衰えはないようです。

かぶき町四天王篇では銀時を圧倒しましたが、その後の再戦で敗北しています。

世代交代として隠居していましたが、万事屋のはからいで和解した娘の平子と放浪の旅に出ました。

第9位:沖田総悟

  • 種族:地球人
  • 所属:真選組

真選組一番隊隊長

性格はドSで、普段からふざけ半分で土方の命を狙ったり、神楽と張り合ったりと、いかに相手を苦しめるかを重要視しているキャラクターです。

真選組最年少ですが剣術の腕は組織内でもトップクラスで、その実力は対戦した神威にも認められています。

身体能力が高いだけではなく、頭の回転も早くて作中の戦闘シーンでもあまり苦戦しているところは見掛けません!

純粋な剣術では最強と言っても良いのではないでしょうか?

第8位:坂田銀時

  • 種族:地球人
  • 所属:万事屋銀ちゃん

天然パーマの銀髪に着流し、木刀がトレードマークの主人公です。

普段はぐうたらでちゃらんぽらんな印象を受けますが、実は情に厚く、周囲に危険が迫るといい加減さは一変して、周囲を救うために命がけで持ち前の戦闘力を発揮します!

高杉晋助、桂小太郎、坂本辰馬とは吉田松陽に学んだ仲間であり、共に攘夷戦争に参戦した戦友でもあるんですね。

攘夷戦争では圧倒的な戦闘力で戦場を駆け回り、「白夜叉」の異名で生きた伝説として恐れられるほどの活躍を見せました。

沖田には「でたらめ」と言われる剣術ですが、木刀だけであらゆるものを両断したり、銃弾を叩き落としたりと威力は充分と思われます!

鳳仙との戦いでは常に劣勢ではありましたが、木刀での連打を叩き込むなど天人に対しても怯まずに立ち向かう気概を見せています。

最終的に鳳仙を退ける事に成功はしていますが、極度に日の光に弱い鳳仙が弱体化した時に追い討ちをかけての勝利でした。

主人公ですし、何だかんだ生き残るのだろうなと考えると、ランキング上位に入っても良い気はするのですが、1対1での戦いでは劣勢に立つことが多いのでこの辺りにしてみました。

第7位:阿伏兎(あぶと)

  • 種族:夜兎族
  • 所属:宇宙海賊「春雨」

宇宙海賊春雨の第七師団の副団長を務める夜兎族の男性で、神威の相棒でもあります。

冷酷で容赦ない神威とは対照的で、冷静で情に厚い性格をしていますね。

神威と鳳仙の戦いの際に止めに入ったために左腕を失って、現在は義手を装着しています。

その後、新八・神楽と戦った時には2人を相手に圧倒的な力を見せましたが、同族を愛するがゆえに神楽に対して本気では戦えず、夜兎の血で暴走した神楽によって倒されてしまいました。

第6位:高杉晋助

https://twitter.com/lJ8pDFLjSyvITMb/status/1043489734494806016?s=19

  • 種族:地球人
  • 所属:鬼兵隊

鬼兵隊総督を務めています。

派手な着流し姿で左目を包帯で覆い、常に薄笑いを浮かべているのですが、どこか狂人的な雰囲気が漂うキャラクターです。

ギャグパートにはほとんど登場しない、シリアス担当と言える存在ですね。

左目は攘夷戦争の時に、朧によって潰されています。

坂田銀時、桂小太郎、坂本辰馬とは共に攘夷戦争を戦った仲間です。

「攘夷志士の中で最も過激で最も危険な男」と言われるほどに過激な思想の持ち主で、「地球を破壊する」事を企んでいます。

高い戦闘力を持った朧を倒すなど、圧倒的な実力を誇ると同時に洞察力も優れているので、相手の考えを読んで戦いを進める事が出来ます!

確かな剣の腕に加えて、心理戦にも強いとなると、戦いにはかなり有利になるのではないでしょうか?

更に、朧の亡骸ごと自分を貫くことで朧の亡骸を吸収して不死化していたようなのですが、身体の限界も近そうなので、単純なパワーアップとも言えず、この順位になりました。

第5位:鳳仙

https://twitter.com/tamaota04/status/763163684352823296?s=19

  • 種族:夜兎族
  • 所属:吉原桃源郷

夜王の異名を持つ白髪の夜兎族で、朝の来ない吉原桃源郷の楼主でもあります。

夜王という異名には「朝の来ない吉原の王」と「夜兎族の王」という2つの意味があるらしく、それだけでかなりの強さを持っていると考えられますね!

夜兎族の中でも極度に日の光に弱く、少し浴びただけでも皮膚が焼けただれてしまう程です。

坂田銀時をはじめとした強者たち数十人を相手に圧倒的な戦闘力を見せ、吉原炎上篇では坂田銀時らが勝ち目のない戦いに挑んでいましたが、鳳仙に日の光を当てて弱体化させる事でどうにか倒す事に成功しています。

かつては宇宙海賊春雨の幹部を務め、第七師団の創始者で前団長でもあった鳳仙に、父である星海坊主を倒すために、神威が弟子入りしていた時期があるんです。

また、星海坊主とは個人的にも因縁があり、昔3日間戦い続けたのですが決着がつかず、星海坊主の「ウンコがしたい」という発言で戦闘を中断し、そのまま勝敗が決まらずに終わったという経緯があるようです。

第4位:神楽

  • 種族:夜兎族
  • 所属:万事屋銀ちゃん

万事屋の紅一点である夜兎族の少女で、星海坊主の娘です。

ギャグパートでは汚れ役が回ってくる事が多く、「ゲロイン」とも呼ばれる本作のヒロインで、何故か沖田総悟とは何かと張り合っています。

さすが夜兎族と言うべきか、神楽は石像を粉砕したり銃弾を避けたりと、普段から高い戦闘力を持っていますが、覚醒すると「バケモノ」と言われるほどに戦闘力を増し、阿伏兎を倒してしまった事もあるんです!

作品の進行と共に強く優しく成長しましたが、人を殺してしまう事を恐れて力を完全には発揮できず、苦しい戦いになることもありますね。

覚醒した時の戦闘力は作中でもかなりの上位に入りますが、暴走状態になって理性が飛んんだ結果、危機察知能力が低下してしまうので、大きな隙が出来るというデメリットもあります。

第3位:星海坊主(神晃)

https://twitter.com/NYASAN_ANIME/status/1020217913267982336?s=19

  • 種族:夜兎族
  • 所属:えいりあんばすたー(個人)

神楽と神威の父ですね。

宇宙三大傭兵部族と言われ、その高い戦闘力で知られている夜兎族の男性で、宇宙の第一級危険生物の駆除を引き受ける掃除屋として働いています。

鳳仙と3日間戦い続けたのですが決着がつかず、「ウンコがしたい」という理由で戦いを切り上げたという驚きのエピソードもあるんです!

昔、幼い神威に襲われ片腕を落とされたものの返り討ちにしたのですが、その時に理性を失って殺害しかけてしまった事に恐怖し、家族と距離を取った事で一家離散を招いてしまいました。

実は、かつて虚と壮絶な戦いを展開して、一度は心臓を握りつぶして肉体を絶命させることに成功しています!

しかし、アルタナの力で再生した虚に今度は自身が瀕死の重傷を負わされて窮地に陥ったのですが、急激な再生でアルタナが欠乏し、不利を感じた虚も退いたために双方生き残っているようですね。

一時とはいえ、虚を絶命させているというのはかなり凄いのではないでしょうか?

第2位:神威

  • 種族:夜兎族
  • 所属:宇宙海賊「春雨」

宇宙海賊春雨の最強部隊である、第七師団の団長を務めているキャラクターです。

星海坊主の息子で、神楽にとっては実兄にあたります。

普段は飄々としているのですが、本性は殺意と戦闘本能の塊のような戦闘狂で、その戦闘力は夜兎族最強と言っても過言ではないほど強いです!

普通の夜兎族と比べてもかなりのエネルギーを消費するせいなのか、神楽同様に食欲が半端なく、兄妹そろって燃費の悪い身体をしているようですね。

人を殺してしまう事に恐れがある神楽とは違い、殺害を躊躇しない冷酷さを持っています。

夜兎族の本能を覚醒させる事で更に戦闘力を高めることが出来るのですが、理性を失ってしまうこともあるようで、銀時との戦いでは本能に飲み込まれて自分が傷つくのも構わずに、暴走状態になってしまったことがあります。

幼い頃に、父を越えようと父殺しを試して返り討ちに遭い、出奔した先で春雨に加入して、鳳仙に弟子入りしたという経緯があるんですね。

父殺しは失敗したものの、宇宙最強と言われていた星海坊主の片腕を切り落とせてしまうだけの実力が、幼い頃からあったことに驚きます!

第1位:虚(吉田松陽)

  • 種族:不明(地球人?)
  • 所属:天導衆

天昭院奈落の先代首領で、現在は天導衆の一員です。

その正体が判明するまでは、常に天狗の面を着けて登場する謎のキャラクターとして登場していました。

神楽、今井信女、沖田総悟という作中でも強いとされるキャラクターたちを同時に相手しても圧倒できてしまう、かなりの戦闘力を持っています。

3人が歯が立たない中で、何故か銀時はその太刀筋が分かって受けることが出来たのですが、それは何と、虚の正体が銀時の師匠である吉田松陽でもあったからだったのです!

実際には、吉田松陽とは虚が殺戮の運命に抗うために産み出した人格だったのですが、攘夷戦争の時に、師匠と仲間の命を天秤にかけられた銀時によって斬首された際に、松陽の人格は死んだとされています。

斬首されたら普通は人格どころか存在が死んでしまうと思うのですが、虚はアルタナの力で不老不死になっているので、驚くことにアルタナの供給が止まらない限りは、例え肉体が絶命しても死にません!

過去に一度、星海坊主によってアルタナの結晶石ごと心臓を握り潰され、肉体は絶命したのですが、アルタナの再生能力で復活しているんですね。

実際に500年間不老不死で生き続け、その間に数え切れないほどの戦いを経験しているようなので、その分剣術も戦闘における経験値も桁違いと言えるでしょう!

【まとめ】銀魂-最強キャラ決定!

やはり夜兎族は強いキャラが多く、ランキングの約半数を占めたのですが、1位は戦闘経験の豊富さと再生の特性から虚で間違いないと思われます!

本誌では連載が終了したものの、物語は完結しなかった上に他誌での最終章掲載が発表されている銀魂。

さすがにここから新キャラ登場とは考えにくいのですが、既存キャラのパワーアップの可能性は否定できないところですよね。

ストーリーの展開や、強さの基準をどこにするかによって順位は変わってくると思うので、自分なりのランキングを考えてみるのも楽しいかも知れません!

物語の本当の結末はどうなるのでしょうか?

最終回の向こう側が気になりますね!

【銀魂】をお得に一気読みするならココ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>いますぐ銀魂を一気読みしてみる<<

知ってた!?

U-NEXTなら2次元マンガも人気アニメも31日間無料!電子書籍 >>さっそく無料で人気マンガをよんでみる!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です