七つの大罪・マーリンの正体はベリアルインの娘?ベルアルインとは?

七つの大罪マーリンの正体

七つの大罪では強大な魔力と的確な助言でメリオダスたちをサポートするマーリン。

しかし年齢は不詳ですし過去や目的も謎につつまれていますよね。

さらには十戒からも恐れられるほどの存在です。

マーリンが口にしたベリアルインの娘とは、どういう意味だったのでしょうか。

第249話でゼルドリスが語った驚愕の真実を見ていきましょう。

マーリンとは?

  • 通称:暴食の罪のマーリン
  • 種族:不明
  • 年齢:不明
  • 闘級:4710
  • 神器:明星アルダン
  • 魔力:無限

七つの大罪の一人であり、アーサーの側近でもある魔術師です。

妙齢の女性の外見をしていますが魔力によって作られた姿であり、本当の姿は子供でした。

魔力「無限」で身体の時間を永久に止め、長い間生き続けています。

本名も名乗ったことがありますが、人間には発音できないため聞き取れませんでした。

メリオダスは10年前にマーリンに魔力を奪われたことがあり、再会した当初はマーリンを胡散臭いと言っていましたが、それは暴走しかけたメリオダスを止めるための行動でした。

いつでも強大な魔力と的確な助言で七つの大罪をサポートする、頼れる仲間です。

ディアンヌが人間サイズになる薬も、ゴウセルの鎧もマーリンが作成したものでした。


マーリンの魔力「無限」とは?

一度マーリンが発動させた魔力は、マーリン自身が解除しない限り永遠に効果が続きます。

はじめて言及したのはグレイロードとの戦いの時でした。

グレイロードの戒禁「不殺」でマーリンの寿命がすべて奪われる・・・と思いきや、マーリンは身体の時間を止めていたため何の効果もありませんでした。

こんな芸当が可能なのは「無限」の魔力を持つマーリンのみ。

居合わせたメンバーが敵・味方を問わず「反則だ」と口にするほどチートな魔力ですね。

またマーリンは自分の身体の時間を常に止めているため、非情に長い時間を生きていました。

他にもマーリンの魔力はたくさんあるんです。

  • 瞬間移動:自分や周囲の人間を瞬間移動させる。
  • 絶対強制解除:魔力による効果を強制的に解除する。
  • 魔力増強:魔力や魔術による攻撃を強化する。
  • 完全なる立方体:結界を張る。対象を閉じ込めておくことも可能。
  • 魔力解除:物体にかけられた魔力を消す。
  • 物体転移:物体を転移させる。
  • 魔力防御壁:魔力で壁を作って防御する。
  • 探知:一定範囲内の物体や人物を探し出す。
  • 殲滅の光:直線上の敵を殲滅する。
  • 終わりなき渦:巨大な渦を作って、範囲内にいる人物を集合させる。
  • 魔力封じ:相手にかけられた魔力を解き、魔力の行使を封じる。

マーリンの正体「ベリアルインの娘」とは?

幼いマーリンが起こした暴挙

マーリンの正体を表わす言葉として「ベリアルインの娘」があります。

  • フラウドリンと対峙した時に、マーリン自ら「ベリアルインの娘」と言及した。
  • チャンドラーが子供の姿に戻ったマーリンを見て「ベリアルインの娘じゃな」と言った。

マーリンと戦ったフラウドリンは、ベリアルインの娘と聞いてかなり驚愕していました。

一緒にいたグレイロードは戦意を失うほどです。

さらにメリオダスの師であるチャンドラーまでもがマーリンのことを知っていました。

マーリンがどれほどの時を生きているのか、想像できてしまいますよね。

ベリアルインの娘の真相が明かされたのは第249話。

七つの大罪を襲撃したゼルドリスに対し、マーリンが一対一の取り引きをもちかけた時です。

ゼルドリスもまたマーリンを「大物」と言い、マーリンの正体を知っていました。

そしてゼルドリスは、ベリアルインの娘と言われるマーリンの正体を語り始めたのです。

  • 魔神族にも女神族にもつかず、中立を保っていた賢者の都がベリアルインだった。
  • ベリアルインに「無限」の魔力を備えた天才児マーリンが誕生した。
  • 魔神王と最高神はマーリンの力を手に入れようとしたが、賢者たちは「自分たちの財産」であるとして拒否した。
  • マーリンは魔神王と最高神の両方と取り引きをし、両者から加護を贈られた。
  • しかしマーリンはどちらにもつかず、結果として魔神王と最高神をだますことになった。
  • 怒った魔神王と最高神はベリアルインを滅ぼした。

しかしマーリンは魔神王と最高神の加護を使って生き残り、のうのうと逃げおおせたとのこと。

それにしてもマーリン、とんでもないことをやらかしてますね。

ゼルドリスもかなりマーリンを警戒しているようでした。

マーリンが得た加護とは?

マーリンが魔神王と最高神から贈られた加護とは

  • 魔神王からは「魔界の秘術に関するあらゆる知識と女神の洗脳術を防ぐ」加護。
  • 最高神からは「いかなる闇の呪いと戒禁すら無効にする」加護。

ベリアルインを滅ぼされた時も、この加護の力で生き残ることができました。

グレイロードの戒禁「不殺」を受けた時は「無限」の魔力を使ってマーリン自身の身体の時を止めており、まったく効果がありませんでした。

しかし「無限」の魔力を使わずとも、おそらくマーリンには効かなかったでしょう。

ガランの戒禁で石化されたことがありましたが、完全に石化される前に神器アルダンに精神を移していました。

本人いわく実験だったとのことですから、わざと受けたのかもしれませんね。

やっぱりマーリン、恐ろしい人です。

メリオダスとエリザベスとマーリン

第229話で女神族としての記憶が戻ったエリザベス。

エリザベスはマーリンを見て、次のようなことを言っていました。

  • 「もう昔のように姉々って呼んでくれないの?」
  • 「まだ一人でベリアルインにいるの?」
  • 「またメリオダスの所へ遊びに来たのかしら?」

あのクールビューティなマーリンが、エリザベスを「姉々」と呼んでいたとは。

七つの大罪メンバーの面前での暴露でしたから、さすがのマーリンもこの時ばかりはうろたえていましたね。

しかし第237話でチャンドラーが七つの大罪を襲撃した時は、エリザベスに「伏せろ姉々」と言っていました。

ベリアルインが滅ぼされた後、マーリンはベリアルインに戻っていたようです。

そして壊滅したベリアルインでひとり過ごしていたのですね。

メリオダスの所へ遊びに来たということは、マーリンの目的はエリザベスではなくメリオダスだったのでしょうか。

そういえば24巻番外編「大罪Vacation」のラストシーン。

メリオダスが大罪メンバーをだまして働かせ、特別報酬を得たもののマーリンにバレて酒をおごらされるという話です。

エリザベスにプレゼントを買いたかったというメリオダスに対し、マーリンはこう言っていました。

「もう十分エリザベスに与えているだろう。私には与えてくれなかったものだ。」

マーリンはメリオダスのことが好きだったのかもしれませんね。

【まとめ】マーリンの正体はベリアルインの娘

 

ベリアルインの娘・マーリンの正体を見てきました。

マーリンは魔神王や最高神さえも手玉にとる、とんでもない人だったのですね。

さらに3000年前から生きているという可能性まで出てきました。

とはいえ種族が何であるかも不明ですし、マーリンの目的もまだわかっていません。

マーリンの今後の動きに注目していきましょう。

 

【七つの大罪】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>いますぐ七つの大罪を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です