七つの大罪-十戒とは?十戒メンバーの強さと戒禁を一覧にしてみた

七つの大罪十戒とは

ついに再び聖戦が始まってしまいましたね。

エリザベスも記憶を取り戻し、呪いによって死に至るまでの時間も迫っています。

そんな中、メリオダスは七つの大罪の解散を宣言して、魔神王となるために行動を開始しました!

メリオダスが集めようとしている、戒禁を持っているのが十戒です。

3000年前の聖戦でも、十戒は魔神族の精鋭部隊として参加していたのですが、いったいどのような組織なのでしょうか?

新旧の十戒とその強さについて、一覧にまとめてみました!

七つの大罪の十戒とは?

十戒とは、魔神王直属の10人の精鋭部隊を指します。

それぞれが圧倒的な戦闘力を持っている上に、魔神王から「戒禁」という魔神王の力の一部を授かっているのです!

リーダーはゼルドリスで、3000年前の聖戦で魔神族は敗北し、フラウドリン以外の十戒は封印されていました。

唯一封印から逃れたフラウドリンが、ドレファスに取り憑くことで封印を解くことに成功し、復活することが出来ています。

そんな十戒ですが、実は封印前には別のメンバーがいました。

主人公のメリオダスはその中の1人で、なんと当時はリーダーだったのです!

しかし、アナラクとゼノを殺害して女神族側に寝返り、そのためにパワーバランスが崩れて、魔神族側の敗北を招いてしまいました。


十戒の戒禁とは?

戒禁とは、十戒のメンバーたちが、自分の魔力とは別に持っている特別な能力のことです。

魔神王の力の一部を10個に分けて、それぞれ1つずつ与えているようですね。

十戒メンバーの前で戒禁を破ると、破った戒禁に応じた呪いが発動してしまいます!

呪いはその戒禁を持つ本人にも発動してしまう恐ろしいものなのですが、不思議なことに他の十戒メンバーには発動しないのだそうです。

現・十戒メンバーの強さ一覧

ゼルドリス

  • 闘級:61000
  • 魔力:魔神王(ゴッド)
  • 戒禁:敬神

ゼルドリスは現在の十戒リーダーで、魔神王の3兄弟の末っ子、メリオダスとエスタロッサの弟にあたります。

見た目がメリオダスによく似ているのにも納得ですね。

魔力は魔神王の力の一部を借り受けているようなので、名称が「魔神王(ゴッド)」なのもそこからきているのでしょう。

ゼルドリスの戒禁「敬神」は、この戒禁を持つ者に背を向けると背信とみなされ、強制的に服従させられるというものです。

メリオダスにもかけられていたというこの強力な呪いの力もあって、1人でキャメロットを制圧できたのでしょうね!

エスタロッサ

  • 闘級:60000
  • 魔力:全反撃(フルカウンター)
  • 戒禁:慈愛

魔神王の3兄弟の真ん中で、メリオダスの弟、ゼルドリスの兄になります。

しかし、実は記憶を改変されていた女神族のマエルだった事が判明しました!

兄弟どころか魔神族でもなかったという驚きの展開ですよね。

エスタロッサの戒禁「慈愛」は、この戒禁を持つ者に憎悪を抱くと呪いが発動し、相手を傷付ける事が出来なくなってしまいます。

つまり、呪いが発動してしまうと普通に戦っても勝てないということです。

憎悪を持たずに戦えば良いのかもしれませんが、そんな事は可能なのでしょうか?

ドロール

  • 闘級:54000
  • 魔力:大地(グラウンド)
  • 戒禁:忍耐

4本の腕と独特な姿を持つ巨人族の王です。

魔神族ではなくても、戒禁を受けて十戒に加わる事が出来るのかと驚きましたね!

戒禁は「忍耐」らしいのですが、発動の条件や呪いの内容などの詳細は明らかになっていません。

ドロールは、かつては光の聖痕に参加していたのですが、3000年前に同じ異形を求めて寝返り、十戒となってしまいました。

しかし、現在はディアンヌに試練を与えるなど七つの大罪に協力し、十戒からは脱退しています。

チャンドラーによる七つの大罪の窮地を救いますが、敗北してしまいました。

モンスピート

  • 闘級:53000
  • 魔力:遊撃星(トリックスター)
  • 戒禁:沈黙

同じ十戒メンバーであるデリエリの保護者的立場で、普通には会話が成り立たない彼女の通訳もこなしています。

かつてインデュラ化したこともあるのですが、その時は女神族のエリザベスに戻してもらいました。

遠距離攻撃が得意なモンスピートは、近距離攻撃が得意なデリエリとは相性も良く、組んで戦う姿がよく見られますね。

エスタロッサに戒禁を狙われ、殺害されてしまいました。

モンスピートの戒禁「沈黙」の詳細は不明となっています。

デリエリ

  • 闘級:52000
  • 魔力:連撃星(コンボスター)
  • 戒禁:純潔

3000年前の聖戦時にリュドシエルに実姉を殺されてしまったことから、女神族に強い恨みを持っている十戒メンバーです。

「ケツから言って」が口癖で、結論しか言わない言葉足らずなところがあります。

そのせいか、通訳係のモンスピートとよく行動を共にしていますね。

聖戦当時モンスピートと共にインデュラ化して、女神族のエリザベスに元に戻してもらった経緯がありました。

デリエリの戒禁は「純潔」らしいのですが、詳細は明らかにされていません。

グロキシニア

  • 闘級:50000
  • 魔力:災厄(ディザスター)
  • 戒禁:安息

初代の妖精王で、3000年前に光の聖痕に所属していたキャラクターです。

しかし内部の反乱で実の妹を殺害されたと勘違いして、反乱を起こした人間族を恨んで十戒に寝返ってしまったのです!

しかし、キングに試練を与え、3000年前の自分の過ちに気付くと十戒を脱退します。

そして実は生きていて再会を果たした妹と、キングの代わりに妖精の森を守護していました。

その後、チャンドラーの襲撃に駆けつけて七つの大罪を救いますが、ドロールと共に敗北してしまいました。

グロキシニアの戒禁「安息」も詳細は不明です。

ガラン

  • 闘級:26000~40000
  • 魔力:臨界突破(クリティカルオーバー)
  • 戒禁:真実

自らを「ジジイ」と言い、実際に魔神族の中では最高齢クラスのメンバーです。

真っ向勝負が好きで、戦い方に自分なりの流儀がある辺りは、古風な老戦士といった感じでしょうか。

ガランの戒禁「真実」は、その戒禁を持つ者の前で嘘をつくと、誰であろうとその身体が石化してしまうというもので、恐ろしい呪いですよね。

ガラン本人もまた、自身の戒禁で石化してしまいました。

グレイロード

  • 闘級:39000
  • 魔力:不浄(カース)
  • 戒禁:不殺

分類としては灰色魔神という下位魔神なのですが、突然変異で高い戦闘力を授かったようですね。

魔力がない生物に卵を生み付けて、忠実な子供にすることができる能力を持っています。

また、他人に変身する能力も持っていて、それを利用してフラウドリンを救出しました。

戒禁「不殺」は、この戒禁を持つ者の前で殺生をすると寿命が奪われてしまうというものです。

寿命が対象とはかなり恐ろしいと感じますが、そんな呪いもマーリンの「無限」の前では効果がなかったようで、逆にマーリンに捕まってしまいました。

メラスキュラ

  • 闘級:34000
  • 魔力:獄門(ヘルゲート)
  • 戒禁:信仰

一見大人しそうな若い娘の姿なのですが、魂を食べるときは口が真横に大きく裂けるギャップのある見た目をしていますね。

魔力特化型の戦闘力で、魂が食べられれば良いという印象を受けました。

また、死者を蘇生する魔法に秀でていて、キングの妹でバンの恋人でもあるエレインがメラスキュラの魔法で甦っています。

戒禁「信仰」は、この戒禁を持つ者の前で不信を抱くと発動し、誰であろうとその眼を焼かれて視力を失ってしまうという呪いです。

フラウドリン

  • 闘級:31000
  • 魔力:巨大化(フルサイズ)
  • 戒禁:なし

女神族の封印から唯一逃れることのできた十戒メンバーです。

ドレファスの身体に取り憑いていて、十戒の封印を解くことに成功しました。

実はゴウセルの代理として十戒に参加しているため、「無欲のフラウドリン」と名乗ってははいますが、戒禁は授かっていません!

ゴウセル

  • 闘級:3100
  • 魔力:不明(侵入?)
  • 戒禁:無欲

戒禁「無欲」は、欲を抱く全ての者の記憶と感情を奪ってしまうというものです。

ゴウセルも自身の戒禁の呪いによって記憶と感情を失っていて、フラウドリンにその座と戒禁を譲ったとされていました。

現在は「色欲のゴウセル」として、七つの大罪のメンバーになっています。

しかし、中性的な見た目の青年ゴウセルは、十戒のゴウセルが作り出した人形だったのです!

本体のゴウセルは、戒禁を授かった後にずっと幽閉されていて、外の世界を知るために人形のゴウセルを作ったのでした。

そして3000年前に、聖戦を終わらせるために自ら死を選んでいました。

旧・十戒メンバー

カルマディオス

  • 闘級:不明
  • 魔力:不明
  • 戒禁:背信

3000年前の聖戦で、化石の谷の人間の集落を襲った十戒メンバーです。

当時光の聖痕メンバーだったメリオダス、グロキシニア、ドロールによって倒されました。

戒禁も含め、闘級など戦闘力に関しては不明となっています。

アナラクとゼノ

  • 闘級:不明
  • 魔力:不明
  • 戒禁:不明

フラウドリンの回想シーンで登場した過去の十戒メンバーです。

戒禁や魔力などは全く判明していません。

3000年前に、魔神族を裏切って出奔したメリオダスによって殺害されてしまいました。

メリオダス

  • 闘級:142000
  • 魔力:全反撃(フルカウンター)
  • 戒禁:不明

魔神王の3兄弟の長男で、エスタロッサとゼルドリスの兄です。

3000年前の、封印される前の十戒のリーダーを務めていました。

しかし、女神族のエリザベスと恋に落ち、魔神族を裏切って女神族側についてしまいます。

そのため、聖戦後に裏切りと同胞殺しの罪で、魔神王と最高神によって呪い「永遠の生」にかけられてしまったのです!

呪いによって死ぬことが出来なくなってからは、呪いの解除方法を探して旅をしていて、現在は七つの大罪のリーダーとなっています。

しかし、十戒時代に戻されてしまったメリオダスは、七つの大罪の解散を宣言して、自らが魔神王となるために行動を始めました。

十戒にいたということは、何かしらの戒禁を授かっていたのだとは思いますが、戒禁の名称も能力も不明です。

【まとめ】十戒とは?強さとメンバー一覧

十戒のメンバーも、3000年前とはメンバーが変わっていたんですね。

判明しているだけでも、それぞれユニークな能力を持っているようです。

復活後の戦いで、殺害されたり脱退したりでメンバーが欠けていますが、これから新たにその座につくことはあるのでしょうか?

メリオダスが十戒時代に戻ったり、エスタロッサが実はマエルだったと発覚したりと、いよいよ物語も終盤といった雰囲気となってきています。

今後の展開が気になりますね!

 

【七つの大罪】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>いますぐ七つの大罪を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です