進撃の巨人・アッカーマン覚醒とは?リミッター解除の謎に迫る

進撃の巨人アッカーマン覚醒

進撃の巨人で人間としては圧倒的な強さを誇る、リヴァイやミカサらアッカーマン一族。

しかし覚醒~リミッター解除しないと強くありません。

ミカサの父親が盗賊にあっけなく殺されているのが一例です。

では覚醒するための条件や経緯はどのようなものでしょうか?

ここではアッカーマン覚醒について、リミッター解除の謎について考察していきます。

アッカーマン一族の覚醒とは?

 

 

アッカーマン一族はエルディア人やマーレ人とは違う独特の習性を持っていますが、特に戦闘に関することをまとめます。

  • ある時、力に目覚めた感覚が生じる。(覚醒~リミッター解除)
  • 覚醒すると、戦闘能力が常人離れしたレベルに上がる。
  • 人の姿のまま、巨人の力の一部が引き出せる。(怪我の回復が早いなど)
  • さらには「道」を通じて過去の一族の戦闘経験を得る。

アッカーマン一族はもともと強い訳ではなく、覚醒によって驚異的な戦闘能力を得ることがわかります。


覚醒しているアッカーマン一族一覧

 

https://twitter.com/Ibara_Laurent/status/990023347365818368?s=20

 

今まで登場したアッカーマン一族はケニー、ケニーの妹、リヴァイ、ケニーの叔父、ミカサと父親の6人です。

その中でケニーの妹、ケニーの叔父、ミカサの父親は戦闘シーンはありません。

残るケニー、リヴァイ、ミカサは覚醒しています。

リヴァイが人類最強の兵士、ミカサが訓練兵団主席で破格の待遇、ケニーはリヴァイが「脅威の度合いで言えば…敵に俺がいると思え」と評する程ですから3人の強さは計り知れませんよね!

覚醒の条件と経緯

 ミカサ覚醒の経緯

 

 

物語の中で覚醒シーンが明らかになっているのはミカサのみです。

詳しく振り返ってみましょう。

  • 幼少時のミカサは東洋の一族を捕らえて売ろうとする盗賊にさらわれる。
  • エレンが助けにきて盗賊を二人殺すが、もう一人に持ち上げられ首を絞められる。
  • エレンがミカサに向かって叫ぶ。「戦え!戦うんだよ!」「勝てなきゃ…死ぬ 勝てば生きる…」「戦わなければ勝てない…」
  • ミカサはナイフを手にはするが、泣きながら震え怯えている。
  • 盗賊の手を押さえていたエレンの手がダラリと下がる。
  • ミカサの中でさまざまなシーンがフラッシュバックし「この光景は今までに…何度も…何度も見てきた…」「そうだ…この世界は残酷なんだ」と悟る。
  • ミカサは「今…生きていることが奇跡のように感じた…その瞬間 体の震えが止まった」「その時から私は自分を完璧に支配できた 何でもできると思った」と感じている。
  • ナイフの柄を握り潰し、床板を踏み抜き、盗賊の背中にナイフを突き刺す。

アッカーマン覚醒の条件がたくさん隠されているようですね。

 リヴァイ覚醒の経緯

 

進撃の巨人リヴァイ覚醒

 

リヴァイの覚醒シーンの描写はありません。

少年時代のリヴァイがケニーに引き取られて、後に大の大人を倒している描写があります。

ケニーは「要はこの地下街で生き延びる術を教えたまでだ。」と述懐していますね。

リヴァイの覚醒は少年時代に起き、ケニーがリミッター解除したと予想されます。

またリヴァイは覚醒した時の感覚をこう表現しています。

「ある時…ある瞬間に突然バカみてぇな力が体中から湧いてきて…何をどうすればいいかわかるんだ…」「その瞬間が俺にもあった」

戦闘能力のレベルアップと過去の一族の戦闘経験を得たことをあらわしています。

 覚醒の条件

覚醒の条件は物語の中では明示されていませんが、推測できるのは、

  • 死に直面するような極限状態に置かれる。
  • 戦わざるをえない状況になる。
  • 自分が一目置くような人物(宿主)と出会う。
  • 宿主に命令される。
  • この世界は残酷なんだと悟る。

などが条件としてあげられそうです。

覚醒でリミッター解除の謎を考察

進撃の巨人リミッター解除

ところでリミッター解除という言葉については作者の諌山先生の説明があります。

「アッカーマン一族は、通常の人間が自分の身体を守るために本来備えている、筋肉を制御するリミッターを自らはずすことができる」

人間は持っている100%の力を使えている訳ではないと言われます。(俗にいう火事場の馬鹿力はリミッター解除された状態といえる。ちなみに火事場の馬鹿力は科学的に証明されている。)

しかしアッカーマン一族はいつでも意識的に100%の力を発揮から強いのです。

そして負荷に耐えられるように異常なほど骨密度が高くなっているので、リヴァイやミカサは身長に対して体重が重めと設定されています。

リヴァイは身長160cm体重65kg(平均54kg)ミカサは身長170cm体重68kg(平均63kg)です。

そんな細かいことまで設定が練られているんですね。

やっぱり進撃の巨人はスゴいです!

【まとめ】アッカーマン覚醒の謎

アッカーマン覚醒~リミッター解除は、

  • 死に直面するような状態、戦わざるをえない状況などの環境面。
  • 自分が一目置くような人物(宿主)の存在。
  • 「この世界は残酷なんだ」などの精神面での達観。

などの条件や経緯が必要なようです。

ミカサに関しては偶然に条件が揃った感じです。

リヴァイに関してはケニーが「地下街で生き延びる術を教えたまで」といっているので、意図的とは言い切れない感じですね。

しかしケニー以前の、王家に仕えていた頃のアッカーマン一族は意図的に覚醒をうながしていたとは考えられませんか?

推測というよりあくまで想像になりますが。

 

【進撃の巨人】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>進撃の巨人を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です