進撃の巨人・アニが女型の巨人とばれた理由!伏線と経緯を詳しく解説

進撃の巨人アニ女型の巨人

進撃の巨人32話でアニが女型の巨人であるとバレてしまった理由は何でしょう?

アニはエレンを奪取するためにたくさんの兵士を殺してまで戦いましたが、あと一歩およびませんでした。

しかしその間に数々のヒントを残してしまったのですね。

アニが女型の巨人であると看破したのはアルミンですが、ここではアルミンの推理と共に、女型の巨人とバレた伏線や経緯などを詳しく見ていきます。

マルコの立体起動装置

 

 

実はアニが女型の巨人である伏線は、第7話のトロスト区攻防戦とずいぶん前から張られています。

補給班が籠城してガスの補給が受けられない104期訓練兵の面々。

アニが「ライナー…どうする?」と問いかけ、ライナーが「まだだ…やるなら集まってからだ」と答えるシーンがあるのです。

何をやるのかは分かりませんが、ライナーとアニは他の訓練兵とは違う、何か別の仲間だと見て取れます。

 

ガスを補給して脱出した面々は、巨人に襲いかかる奇行種(エレン)が他の巨人に食われているところを見ました。

ライナーが「あのまま食い尽くされちゃ何もわからずじまいだ!あの巨人にこびりついている奴らを俺達で排除して延命させよう!」といいます。

続いてアニが「例えばあの巨人が味方になる可能性があるとしたらどう?どんな大砲よりも強力な武器になると思わない?」と続けるのです。

今になってみると、奇行種ではなく知性型巨人の可能性があるから助けよう、と言っているとしか思えません。

そして「アニが女型の巨人とバレた理由その1」です。

調査兵団が捕獲した巨人、ソニーとビーンが何者かに殺されてしまいました。

兵団は調査を行いますが、その際アルミンがアニの立体起動装置を見て、マルコのものだと気付きます。

一緒に整備していたので、わずかなキズやヘコミだって覚えていたのです。

つまりソニーとビーンを殺したのはアニだということになります。

この時点では女型の巨人の存在は知られていませんが、アニが兵団に敵対する勢力だと知れてしまったのです。


女型の巨人がアルミンを殺さなかった

 

 

第23話で女型の巨人が登場しますが、その不可解な行動が「アニが女型の巨人とバレた理由その2」です。

まず落馬したアルミンのフードをめくって顔を確認して、殺さずに走り去りました。

探しているのはエレンだとも取れますし、アルミンに何かしらの情があったとも取れます。

その後アルミンは「奇行種じゃない!(エレンと同じ)巨人の身体をまとった人間だ!」と断言しました。

 

アルミンはライナーとジャンと合流し、女型の巨人の足止めをはかることにしました。

ジャンがやられる寸前にアルミンは「ジャン!仇をとってくれ!右翼側で本当に死に急いでしまった死に急ぎ野郎の仇だ!そいつに殺された‼」とウソの情報を叫びます。

「死に急ぎ野郎」という言葉に反応したのか女型の巨人の動きが止まりました。

「死に急ぎ野郎」はエレンのことですが、104期生しかしらない隠語、つまり女型の巨人は104期生であるということになります。

 

ところでこの後、女型の巨人は右翼側でなく、エレンがいそうな中央後方へと走り去りました。

「死に急ぎ野郎」の後、ライナーが女型の巨人に襲い掛かりますが身体を握りしめられてしまいます。

しかし辛くも指を切り刻んで脱出しました。

どうやら握りしめられた時にエレンの本当の居場所を伝えたようだ、と考察されています。

バレた経緯:アルミンの駆け引き

 

https://twitter.com/mochiguman635/status/1144976891343826944?s=20

 

第57回壁外遠征の失敗を受けて、エルヴィン団長は更送、エレンは王都へ護送されます。

ここで調査兵団は大きな賭けに出ました。

護送されるエレンはジャンが替え玉となり、エレン、アルミン、ミカサは憲兵団になったアニに逃亡の手助けを求めます。

最初は難色を示していたアニも最後に「のった」といいました。

この時指輪をはめる描写があるので、罠であることを察していたと取るべきでしょう。

 

アルミン達は(巨人化できないように)地下道を通ろうとしますが、アニは拒否します。

アニは周辺になぜか全く人がいない(兵士達が物陰に身を潜めていて、住民は退避したと見て取れる。)ことにも気づいていました。

アルミンは

  • 「何でマルコの立体起動装置を持っていたのか?」
  • 「生け捕りにした2体の巨人はアニが殺したの?」

と質問をたたみかけ、アニはのらりくらりとかわします。

しかしアルミンの「でもアニだってあの時、僕を殺さなかったから、今こんなことになってるんじないか…」に対して「ああ、心底そう思うよ、まさかあんたにここまで追い詰められるなんてね、あの時、何でだろうね…」と白状したのです。

【まとめ】アニが女型の巨人とばれた理由

アルミンの推理をまとめると、

  • マルコの立体起動装置を提出していることからソニーとビーンを殺したのはアニで間違いなし。
  • 女型の巨人は人を食わずに殺害した。エレンと同じ巨人の身体をまとった人間。
  • 自分の顔を確認してスルー、エレンを探している?
  • 104期生しか知らない「死に急ぎ野郎」という言葉に反応。
  • 調査兵団所属の同期はアリバイがあるから、憲兵団のアニが怪しい。

といった流れになります。

しかし物証が少なく確信が持てないから、アニをおびき出して罠にはめようとしたのでしょう。

アニからすればマルコの立体起動装置を見とがめられたのは仕方ないにしても、2度もアルミンを殺すチャンスがあったのに殺さなかったのが運のツキだったんですね。

 

【進撃の巨人】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>進撃の巨人を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です