進撃の巨人・アニが巨人化の道を選んだのは父親のため?再検証してみた

進撃の巨人アニ巨人化

進撃の巨人のアニは冷めていて他人に無関心で、理想を求めて巨人化を選んだとは思えない性格ですよね。

マーレの戦士候補生達がみな戦士になることに誇りをもっているのと対照的です。

アニはいったいどういう動機で戦士になることを決めたのでしょう?

やっぱり父親のためでしょうか?

ここではアニが巨人化を選んだ理由を再検証していきます。

アニの巨人化は父親との過去が原因?

父には絶対服従だった過去

 

 

アニの過去については回想シーンで何度か語られてきましたが、アニ外伝「Lost Girls」で更に掘り下げられました。

幼少時のアニは毎日朝から晩まで、父に格闘術の訓練を受けさせられていたのです。

アニはサンドバックを蹴り続け、足が腫れあがっても休むことは許されず、父には絶対服従でした。

更に父との会話は「どこを狙い、どんな順番で攻撃すれば相手を倒せるか。」「大人数に囲まれた時どう戦うか。」など戦闘の話ばかり。

 

マーレに住むエルディア人は迫害を受けており、戦士~知性型巨人になることで家族は名誉マーレ人になることができます。

父が格闘術を教えていたのはアニを戦士にするためでした。

「使命を果たせ、使命を果たすことがお前がこの世に生を受けた意味だ。」と繰り返しアニに説きます。

自分のためにアニを利用し差し出した、自分のことしか考えていない父親だったのでしょうか。

 

ある日アニは過酷を極める特訓に嫌気が差して、倒れた父の膝を何度も蹴り続けるという最初で最後の反抗を試みました。

父はその後杖をついて歩くようになる程の大怪我を負ったのですが、「こんなに強くなって…」と大喜びし、アニに更に厳しい訓練を課します。

それ以降は心に負い目を感じたからか、アニが父に反抗することはなくなりました。

後にアニはエレンに「幼い私は心底くだらないと思いながら、この無意味な技の習得を強いる父に逆らえなかった。」と語っています。

旅立ちの前に父親が謝罪

 

https://twitter.com/nagatoshingeki/status/1109066728678391810

 

アニが始祖奪還作戦でパラディ島に潜入する前、父はアニに涙ながらに謝罪しました。

「アニ…俺が間違っていた。今更俺を許してくれとはいわない。けど一つだけ頼みがある。」

「この世の全てを敵に回したっていい。この世の全てからお前が恨まれるようになっても、父さんだけはお前の味方だ。」

「だから約束してくれ、帰ってくるって。」

自分のためにアニを利用したひどい父親、というのは間違っていました。

アニの父親はマーレのプロパガンタ(エルディア人は悪魔の民族、一生つぐなわなければならない、パラディ島のエルディア人は悪いエルディア人、等々)を真に受けていたが間違いだったと気付いた、という感じでしょうか?

ひょっとしたら知性型巨人になった者は寿命が13年ということを後になって知ったのかもしれません。

父の謝罪を受け、アニは使命を果たして父の元に帰ることが目標となったのです。

 

後にアニが「私の父もあんたらと同じで、現実離れした理想に酔いしれてばかりいた」と言っていますが、現実離れした理想とは何なのでしょう?

マーレのプロパガンタのことを言っているのなら、マーレ内の大半のエルディア人がそう思っているので現実離れした、というのは何かおかしいです。

もしかしてアニの父はエルディア復権派だったのかもしれませんね。

グリシャがジークを戦士にさせようとした同じ事を父親はアニにしてたのかもしれません。


アニが巨人化を選んだのは父親のため?

 

https://twitter.com/arahouto/status/1108872999929696256?s=20

 

アニの心情というのは非常にアンビバレンツ(相反する感情を同時に持っている)なんですね。

  • 訓練は嫌で嫌で仕方がない。
  • でも父に認めてもらいたい。
  • 父とは格闘術しか接点がない。
  • 本当は父に愛情を受けたい、女の子、乙女として扱ってもらいたい。
  • 父は自分のことしか考えてない。
  • でも父の元に帰りたい。

アニの性格が「ぶっきらぼうで他人と関わるのを嫌う、しかし優しく自己犠牲的」と分裂しているように見えるのも同じ理由ですね。

 

アニは格闘術をくだらない、無意味と思っていた訳ですから、その先に続く戦士になる道にも興味がなかったはずです。

それでもいやいや戦士になったのは、父親が望んでいたからとしか考えられません。

父に認めてもらうにはそれしか道がありませんでした。

アニが巨人化を選んだのは父親のためであることは間違いないでしょう。

【まとめ】進撃の巨人・アニが巨人化を選んだ理由は?

アニが巨人化を選んだのは父親への愛憎が入り混じるものでした。

当初は「人間というのは自分のことしか考えてない、この世界はクソッたれ。」という認識でした。

しかしエレンやアルミンとの交流で「正しい人がいて自己犠牲的な考え方もする。」ことを知ります。

そして父親への許容の気持ちが生まれ、ただ生きて帰るから父の元に帰るに変化したのでしょう。

 

ところで回想シーンにしか現れなかったアニの父親は、マーレ編にて初登場しました。

「死んでねぇよ、アニは生きてる。帰ってくると約束したんだ。」というセリフを残しています。

その後エレンが巨人化して暴れたため、アニの父の生死は不明です。

結晶の中に眠るアニが再登場したことと合わせて、アニ復活・父との再会があるのかもしれませんね?

 

【進撃の巨人】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>進撃の巨人を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です