銀魂-松陽先生の正体は虚だった!詳細情報まとめ

銀魂松陽先生正体

銀魂の主人公・坂田銀時や高杉晋助・桂小太郎らの師匠である高潔な存在、松陽先生。

その正体は銀時達の最大の敵である邪悪な存在、虚でした。

何と二人は同一人物だったのです!

それでは何故松陽先生は悪の道に堕ちてしまったのでしょうか?

はたまた何故虚から清廉潔白な松陽先生が生まれたのでしょうか?

その詳細な情報をまとめました。

銀魂の松陽先生とは?

 

 

松陽先生は銀時のみならず、高杉・桂の師といえる存在で彼らに多大な影響を与えています。

特に銀時にとっては実の父親のような存在でもあったのです。

金を取らず、貧しい子供たちに手習いを教える塾「松下村塾」を開いていました。

丁寧な語り口と優し気な雰囲気の穏やかな性格の人だったのですね。

 

さて寛政の大獄の際に彼は幕府側に捕えられてしまい、彼を奪還するために銀時・高杉・桂らは攘夷戦争に参加しました。

銀時達は彼を助けようと奮闘したのですが、高杉と桂が幕府側に捕らえられてしまいます。

銀時は「仲間を斬るか師を斬るか」という究極の選択を迫られる事に!

銀時は松陽先生が捕縛される時に交わした「皆を守る」という約束を守る覚悟を決めて師の背後に立ちました。

高杉と桂の目の前、松陽先生は約束を守ってくれた教え子に「ありがとう」と呟き、銀時は松陽先生の首を刎ねたのです。

胸の痛むシーンですよね。

 

これ以降、銀時は終戦直後に姿を消し、高杉は松陽先生を奪った国を呪い、桂は攘夷活動に身を投じます。

同じ師の元に集った三人は、別々の道を歩むことになってしまったのでした。


虚(うつろ)の過去と強さまとめ

 

 

虚とは惑星の生命エネルギー・アルタナにより不死となり、500年の間殺戮を続けてきた男です。

その昔、虚はその不死という能力故に幼い頃より周囲の人々から「鬼」と恐れられ疎まれてきました。

幾度も殺されその度に蘇るという想像を絶する苦しみを味わいながらも死ぬことを許されずにきた訳ですよ。

成長した彼は天導衆の一角として更なる殺戮の人生を送り続けます。

 

物語での初登場は真選組篇後半にて謎の男として突然姿を現したところです。

物静かで丁寧な紳士のような口調で話しますが、その本質は無慈悲で残忍を極め、目の前の命を奪うことに何の躊躇もありません。

そしてその剣技は沖田や信女ですらほとんど反応出来ない程の速さで、肉弾戦においても神楽を力で圧倒する程の実力を持っています。

まさに銀魂史上最強レベルの強さ!

虚の正体はなんと松陽先生!

その戦いで銀時は何故かその剣筋に無意識のうちに反応し、ギリギリの所で渡り合えました。

そして虚は銀時との戦いの中で仮面を割られます。

その素顔は銀時が斬ったはずの松陽先生と瓜二つ?!

銀時が虚の剣筋に反応できていたのは、松陽先生と幾度となく重ねてきた稽古の記憶があったためです。

 

実は虚は自らの生い立ちの苦しみから逃れるため、自分の中に無数の人格を形成するようになっていました。

そんな中、無数の己に抗おうと生まれたのが後の「松陽先生」となる人格だったのです。

血塗られた500年の中で彼が産んだほんの一瞬の良心でした。

 

虚が突然謎の失踪を遂げた際、組織を裏切って逃亡したかのように思われていました。

そして天導衆は虚を始末するために探し回りある場所で虚を見つけます。

それが松下村塾にいた松陽先生だったのです。

 

松陽先生の死後、その遺体を火葬していた最中に炎の中から虚は蘇ります。

蘇った虚は前とは別人のように変貌しており、松陽先生としての人格は完全に失われてしまったように見受けられますね。

松陽先生は無数の己を抑え込み、無限に続く血の連鎖に終止符を打とうと様々な行動で抗い続けました。

しかしこれまで生み出してきた全ての自分を殺すために蘇った虚に敗れたのです。

【まとめ】松陽先生の正体は虚だった

銀魂は基本コメディ漫画ですが、松陽先生の正体が虚だったという設定は異彩を放つ悲劇的な設定です。

この衝撃的な展開によって銀魂の世界観は大きく広がりを見せていると思います。

虚は地球のアルタナの力による不死者であり、故にその地球があり続ける限り絶対に死ぬことはありません。

その為、彼は地球を滅ぼすことで自らを殺すという目的のため行動を開始していきます。

完全な悪の存在でありながら、その悲痛な辛い過去を思うと、物語に奥行と深みが出ますよね。

【銀魂】をお得に一気読みするならココ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>いますぐ銀魂を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です