ハンターハンター・十二支ん裏切り者サイユウとは?判明の経緯を解説

ハンターハンター裏切り者

V5の依頼で、ビヨンドを拘束する立場にあるはずのハンター十二支ん。

しかし十二支んの中に、ビヨンドを解放しようとする裏切り者がいたのです。

その人物こそがサイユウでした。

もうすぐ連載が再開されるハンターハンター。

ビヨンド解放に向けて大きな動きを見せそうなサイユウについて、おさらいしましょう。

ハンター十二支んとは?

ハンター協会の12人の幹部たち。

メンバーは十二支にちなんだコードネームがあり、一部例外を除いて十二支に関連する外見をしていましたよね。

ネテロが実力を認めた者ばかりで、全員が星つきのハンターです。

キメラアント編でネテロが死亡した後、会長選挙を行った結果パリストンが会長に選出。

しかしパリストンが会長選挙で行った謀略はすべてネテロへの弔いであり、すぐにパリストンは会長を辞職します。

さらにジンも十二支んを脱退しました。

現在はチードルが十二支んに所属したまま会長となり、脱退したパリストンとジンの後釜としてレオリオとクラピカが加入。

現在はV5の依頼で、ビヨンドの監視と暗黒大陸の攻略を目的に動いています。


サイユウとは?

  • コードネーム:申
  • ハンターランク:不明
  • 専門:賞金首ハンター
  • 職業:格闘家
  • 派閥:改革推進 タカ派
  • 暗黒大陸での担当:防衛班
  • 念能力:三匹の猿を具現化する

ハンター十二支んの一人で、西遊記の孫悟空のような恰好をしています。

とても口が悪く、ジンとも口論になりかけたほど。

また派閥はタカ派であり、職業が格闘家ということもあって戦闘能力にはかなり自信がある様子です。

内通者をあぶりだすために念能力の聞き取り調査をした時も、自信たっぷりに猿を呼び出す念能力の内容を披露していました。

視覚を奪う猿と聴覚を奪う猿、言葉を奪う猿とそのまま日光東照宮の三猿ですね。

暗黒大陸へ向かう船内では、ビヨンドを監視する防衛班に所属しています。

サイユウが裏切り者と判明の経緯を解説

ビヨンドもハンター協会も暗黒大陸を探検するという行動は同じですが、その動機はまったく異なっています。

暗黒大陸探検をめぐる勢力図

暗黒大陸の攻略をめぐっては

  • ビヨンドを拘束しようとする勢力
  • ビヨンドを解放しようとする勢力

に大きく分かれています。

ビヨンドを拘束しようとする勢力としては、

  • ビヨンドによって暗黒大陸攻略のリターンを独占されたくないV5
  • V5に依頼されたハンター協会

があげられるでしょう。

当初ビヨンドはカキン王国と手を組んで、暗黒大陸に挑もうとしていました。

カキン王国にリターンを独占されることを恐れたV5は、カキン王国をV5に加えてV6としてリターンを分配することを決定。

しかしネテロの息子と名乗ったビヨンドがリターンを独占する可能性もあるため、V5はハンター協会にビヨンドの拘束を依頼したわけです。

もっとも、ビヨンドは先んじてハンター協会に出頭してしまったのですが……。

一方、ビヨンドを解放しようとする勢力としては、

  • ジン
  • パリストンと協専ハンター
  • ビヨンド配下の実行部隊

という構図となっています。

V5はリターンを独占されるのを恐れていますが、おそらくジンやビヨンドは暗黒大陸の自由な冒険を望んでいるのではないでしょうか。

おそらくV5の管理下では、リターンを目的とした限定的な冒険になってしまいそうですし。

パリストンの思惑は見えませんが、会長選挙での行動からハンター協会やV5とビヨンドの対立構図を作り出して楽しんでいるのかもしれませんね。

ともあれ、ハンター協会の幹部である十二支んはビヨンドを拘束しようとする勢力。

しかしこの中にハンター協会を裏切って、ビヨンドを解放しようとする人物がいるというわけなのです。

サイユウが裏切り者と判明した経緯

会長選挙後、レオリオの紹介でクラピカが十二支んに加入します。

クラピカが十二支んに加入してまず行ったのは、ハンター試験を通じてハンター協会に近づこうとする内通者の排除。

そして、十二支んにまで食い込んだ内通者を見つけ出すことでした。

クラピカはミザイストムが他の十二支んにそれぞれの念能力についての情報を共有する場を利用し、導く薬指の鎖でPC上から内通者を突き止めます。

その人物がサイユウだったのです。

たしかにサイユウは「ビヨンドの監視は一人でじゅうぶん」と言っていましたよね。

あからさますぎる気もしますが、ビヨンドの監視の手を緩めるための発言ともとれそうです。

また船内ではサッチョウがビヨンドの監視要員を別任務のサポートに回すという、サイユウにとっては願ってもない提案をしていました。

クラピカによれば内通者はサイユウだけということですが、サッチョウも怪しいかも。

頭の切れるクラピカのことですから、ミザイストムにさえ明かしていない秘密をすでにつかんでいるかもしれませんね。

【まとめ】ハンターハンター・十二支ん裏切り者

ハンターハンターにおける十二支ん、サイユウの裏切りの経緯をまとめました。

サイユウは思ったよりも狡猾な人物なのでしょうか。

パリストンの息がかかっているとすれば、会長選挙の頃からパリストンに敵対していると見せかけていたわけですからね。

もうすぐ連載が再開されるハンターハンター。

サイユウがどのような動きを見せるのか、とても気になります。

 

【HUNTER×HUNTER】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>いますぐHUNTER×HUNTERを一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です