ワンピース・新旧四皇メンバーの強さと懸賞金一覧・最強はだれだ!

ワンピース四皇懸賞金

ワンピースで海賊たちの頂点に立つのが四皇です。

新世界編では白ひげに代わって、黒ひげが新たな四皇に加わりました。

ホールケーキアイランド編でビッグマムがその強さの片鱗を見せましたが、まだまだ四皇は謎の部分が多いですよね。

ここでは四皇の懸賞金を予想し、懸賞金の観点から四皇の強さと危険度を考えてみましょう。

四皇とは何か、おさらいしてみよう

  • 新世界に君臨する4人の大海賊。
  • 四皇・王下七武海・海軍本部の三大勢力で世界の均衡が保たれているといわれる。
  • 幹部クラスでも海軍大将や王下七武海と互角かそれ以上の強さである。
  • 初期メンバーは白ひげ、シャンクス、カイドウ、ビッグマム。
  • 頂上戦争で白ひげが死亡し、現在は黒ひげが新たな四皇となっている。

ワンピースに登場する海賊の中でもトップに位置する4人の海賊です。

それぞれの海賊団も大規模なものが多く、四皇どうしの激突は「戦争」とも呼ばれるほど。

もし四皇が手を組めば世界政府さえ壊滅しかねないという強大さであり、そのため海軍は常に四皇の動向を警戒しています。

実際に頂上戦争では白ひげと対峙するため、海軍の全戦力と王下七武海を集結させました。

海賊が新世界で生き延びるためには、四皇に従うか抵抗を続けるしかないとも言われています。


新旧四皇メンバーを一覧にしてみた

現在の四皇

シャンクス

  • 異名:赤髪のシャンクス
  • 年齢:39歳
  • 所属:赤髪海賊団大頭
  • 悪魔の実の能力:現時点ではなし
  • 傘下の海賊:不明

ルフィが海賊を志すきっかけとなった人物であり、またルフィの恩人でもあります。

かつてはロジャー海賊団に所属しており、ロジャーの麦わら帽子を受け継いでいました。

意外にも四皇の中では最年少。

しかし実力は他の四皇にもひけをとらず、頂上戦争直前にカイドウと対峙したにも関わらず主要メンバー全員が無傷で登場していました。

自分から攻撃や略奪をすることはなく、海軍や世界政府からも一定の信頼を置かれています。

第907話では五老星ともつながっていることが判明しました。

⇒赤髪海賊団詳細はコチラ

シャーロット・リンリン

  • 異名:ビッグマム
  • 年齢:68歳
  • 所属:ビッグマム海賊団船長
  • 悪魔の実の能力:ソルソルの実
  • 傘下の海賊:魚人海賊団、ファイアタンク海賊団

 

四皇では唯一の女性海賊。

しかしホールケーキアイランド編では、異常ともいえる強さと人間性を見せつけています。

通常では一切の攻撃が無効、そして太陽や雷雲まで操るという反則的な強さでしたね。

恩人であるマザー・カルメルのすべての人種が同じ目線でテーブルをともにするという思想を、かなり歪めて受け取っています。

傘下の魚人海賊団とファイアタンク海賊団は、ホールケーキアイランド編で脱退しました。

⇒ビッグマム海賊団詳細はコチラ

カイドウ

  • 異名:百獣のカイドウ
  • 年齢:不明
  • 所属:百獣海賊団船長
  • 悪魔の実の能力:不明
  • 傘下の海賊:X・ドレーク、スコッチ

この世における最強生物と呼ばれる人物。

過去にどれだけ拷問されても死刑宣告されても、死ぬことができなかったといわれています。

空島から投身自殺をはかり、自殺が趣味とまで言われていました。

ドフラミンゴを倒し、人造悪魔の実の取引を潰したルフィを標的と定めています。

またワの国壊滅の元凶であり、ルフィたち海賊同盟にとっても当面の敵です。

⇒百獣海賊団詳細はコチラ

マーシャル・D・ティーチ

  • 異名:黒ひげ
  • 年齢:40歳
  • 所属:黒ひげ海賊団提督
  • 悪魔の実の能力:ヤミヤミの実、グラグラの実
  • 傘下の海賊:桃ひげ

白ひげ亡き後、新たな四皇となった人物です。

かつては白ひげ海賊団の一員でしたが、ヤミヤミの実を入手するために20年以上も潜伏していました。

白ひげ海賊団脱退後は周到な計画を実行に移し、着実に戦力を強化。

頂上戦争では白ひげのグラグラの実の能力を奪うというパフォーマンスで、世界にその存在を知らしめました。

旧四皇

現在の四皇と共通のメンバーは3名

  • シャンクス
  • シャーロット・リンリン
  • カイドウ

エドワード・D・ニューゲート

  • 異名:白ひげ
  • 年齢:享年72歳
  • 所属:白ひげ海賊団船長
  • 悪魔の実の能力:グラグラの実
  • 傘下の海賊:スクアード、ドーマ、マクガイ、ホワイティベイ、リトルオーズなど

かつてはワンピースに最も近いと言われていた人物です。

ドフラミンゴからは「決して玉座につかず、そのイスの前に君臨した男」と評されました。

部下たちを息子と呼んで愛しており、頂上戦争を起こしたのもエースを救出するため。

海軍本部をなかば壊滅させるほどの強さを見せつけましたが、高齢もあってか大きなダメージを蓄積してしまいます。

そして最後は黒ひげによってとどめを刺され死亡しました。

⇒白ひげ海賊団詳細はコチラ

新四皇メンバーの懸賞金を大胆予想!

懸賞金予想の基準となる情報は以下の通りです。

  • 懸賞金の額の基準は「世界政府への危険度の高さ」である。
  • 部下たちにかかっている懸賞金の額・海賊団全員の懸賞金の総額も参考にする。
  • 「5人目の皇帝」となったルフィの懸賞金15億ベリーを下回ることはない。

必ずしも、強さと懸賞金の額が一致するわけではありません。

またホールケーキアイランド編では主要な幹部たちの懸賞金が明かされており、これが大きな判断基準となるでしょう。

シャンクス

★予想懸賞金:0ベリー(取り下げられている)

いきなり大胆すぎる予想でしょうか。

シャンクスは第907話で五老星と密会しており、世界政府に協力していることが判明しました。

このことは海軍上層部にも伝えられているかもしれません。

シャンクスが世界政府に協力的である間は、指名手配が取り下げられているという予想です。

もちろんシャンクス自身が指名手配の取り下げなど望んでいるわけがありません。

あくまで世界政府側が目的達成のため、シャンクスが動きやすいよう一方的に配慮したのではないかということですね。

もともとシャンクスは世界政府に対する危険度が低いですし、元懸賞金もそれほど高くないのではないでしょうか。

おそらく四皇では最低クラスの20億ベリー程度かな、と思います。

強さと懸賞金が一致しない典型ではないでしょうか。

シャーロット・リンリン

★予想懸賞金:30億ベリー

判明している部下たちの懸賞金です。

  • シャーロット・カタクリ:10億5700万ベリー
  • シャーロット・スムージー:9億3200万ベリー
  • シャーロット・クラッカー:8億6000万ベリー
  • シャーロット・ペロスペロー:7億ベリー
  • シャーロット・スナック:6億ベリー
  • タマゴ男爵:4億2900万ベリー
  • ベコムズ:3億3000万ベリー
  • ボビン:1億550万ベリー

おそらく現在の四皇では、最高額の懸賞金がかけられていると思います。

海賊団の懸賞金の総額は50億ベリーに届こうとしていますね。

まだ判明していない構成員たちの懸賞金もあるでしょうから、総額はどれくらいになるのでしょうね。

カイドウ

★予想懸賞金:30億ベリー

判明している部下たちの懸賞金です。

  • 早害のジャック:10億ベリー
  • X・ドレーク:2億2000万ベリー

情報が少ないカイドウですが、強さも世界政府への危険度もビッグマムと同格と予想します。

第908話でも、ビッグマムとカイドウがかつて仲間であったかのような会話をしていましたね。

また四皇の中ではビッグマムもカイドウも好戦的な人物です。

そのためビッグマムとカイドウの懸賞金を揃えることで、2人の勢力争いによる衝突を抑えようという世界政府の思惑もあるのではないでしょうか。

マーシャル・D・ティーチ

★予想懸賞金:20億ベリー

部下である10人の船長たちの懸賞金は不明です。

いちおう傘下である桃ひげの懸賞金は5200万ベリーですが、これはさすがに判断基準にはなりませんね。

四皇としては新参者なので、ビッグマムやカイドウよりは下であると思います。

おそらくルフィと同様、四皇としてはじめて位置づけられた時は15億ベリーだったのではないでしょうか。

しかし黒ひげはその後、革命軍の本部バルディゴを壊滅させました。

この事件によって懸賞金の額が20億ベリーに上がったのではないかと推察します。

おそらく今後、ビッグマムやカイドウの懸賞金さえも超えていくのでしょう。

エドワード・ニューゲート

★予想懸賞金:元50億ベリー

旧四皇・白ひげのかつての懸賞金の額も予想してみました。

すでに死亡しているので白ひげの懸賞金額は明らかにされないままかもしれません。

エースの懸賞金額が5億5000万ベリーということは明らかにされましたが、白ひげ自身や他の隊長たちはすべて不明。

10億ベリーという予想もあったようですが、今となってはそんな少額ありえないですよね。

白ひげは四皇の中でも、ビッグマムやカイドウを抑えて頂点に立つほどの人物です。

おそらく世界政府はすべての海賊や犯罪者の中でも、最高額の懸賞金を設定していたのではないでしょうか。

敵といえ「海の王者」と呼ばれる白ひげへの敬意もあるかもしれません。

四皇懸賞金ランキング

以上、四皇の懸賞金を予想してみました。

そもそも海賊や海軍以外で四皇を倒せる人物など皆無でしょうから、懸賞金を設定すること自体がナンセンスなのかもしれません。

むしろ海賊にとっては懸賞金の額がそのまま、海賊としての価値となります。

ここまでくると金額の大きさはそのまま、世界政府による海賊のランクという気もしますね。

これをふまえて四皇をランク付けすると以下のようになりそうです。

  • 1位:シャーロット・リンリン
  • 1位:カイドウ
  • 3位:マーシャル・D・ティーチ
  • 4位:シャンクス(実質的には黒ひげと並んで3位)
  • 番外:エドワード・ニューゲート(存命中はブッチギリの1位)

あくまで懸賞金によるランク付けであり、強さを考慮すればまた変わってくるでしょう。

【まとめ】四皇メンバーの強さと懸賞金予想

懸賞金の額を予想し、そこから四皇のランク付けをしてみました。

シャンクスが4位なんて納得できない、という方も多いのではないでしょうか。

しかし懸賞金はあくまで世界政府にとっての危険性を示すための尺度です。

強さを比べてみれば、また別の結果になると思います。

「5人目の皇帝」となったルフィですが、まだまだ四皇の壁は厚いと言えますね。

 

【ワンピース】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>いますぐワンピースを一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です