進撃の巨人・アニの「ごめんなさい」の意味を再検証してみた!

進撃の巨人第4巻で、アニが死体に向かって「ごめんなさい」とつぶやくシーンがあります。

トロスト区奪還作戦後、遺体の身元確認と回収をしていた中での出来事です。

当初は仲間が死んで自分は生き残った罪悪感と思われていましたが、物語が進むにつれ別の意味があったことがわかりました。

ここではアニの「ごめんなさい」の意味がどう移り変わっていったのかを再検証していきます。

アニの「ごめんなさい」の意味~ミーナ?

 

 

第4巻当時、一番有力な説でした。

ミーナ・カロライナは訓練生時代、食堂でアニの隣の席に座っていた女性です。

アニは一人でいることが多いためなおさらそう思えるのでしょうが、二人は仲が良かったのではないかと推測されていました。

隣に座っていたというだけで二人が会話しているシーンすらなく、根拠はかなり薄いです。

 

そしてアニが謝っていた遺体はミーナではないかという推測につながります。

ミーナは黒髪のおさげですが、遺体は顔が半分以上食われた状態でも黒髪のおさげであることが確認できます。

また1巻でミーナは3m級くらいの巨人に頭からかじられて亡くなる描写があるのも傷が一致します。

一時は主流の説でしたが、ルース・D・クラウンの登場で終了した推察となりました。


アニの「ごめんなさい」の意味~知らない誰か?

 

 

8巻でアニは女型の巨人の継承者であることが明かされました。

トロスト区の壁を壊したのはベルトルトですが、巨人を引き連れてきたのはアニだと考えられています。

女型の巨人は他の巨人を呼ぶ力を持っていましたからね。

人が大勢死ぬことはわかっていたものの、いざ死体が目の前に転がっている状況で自分達がどれほどひどい事をしたのかを思い知ったのでしょう。

 

「ごめんなさい」は人が大勢死んだのは自分がやったことだから、と意味が全く変わってしまいました。

そうすると相手は仲間であろうと民間人であろうと誰でもよいと考えることも可能ですよね。

アニが心の中で「ごめんなさい」を言った相手と、目の前の死体が同一であるとは限らない、という解釈です。

アニの心情を考えれば十分考えられるのではないでしょうか?

アニの「ごめんなさい」の意味~マルコ?

 

 

19巻でマルコはライナー、ベルトルト、アニに殺されたことが分かりました。

  • ライナーとベルトルトが屋根の上で「エレンが大岩で壁の穴をふさぐ作戦」について話している。
  • ライナーの「いざとなれば俺の巨人で何とかするしかなさそうだ。」ベルトルトの「作戦が成功したらせっかく空けた穴がふさがれてしまう。」というセリフをマルコに聞かれる。
  • マルコは「作戦に集中しろよ!」と立体起動装置でその場を去る。
  • ライナーは後ろからマルコを襲い、そこにアニがやってくる。
  • ライナーは「俺達の会話を聞かれた。もうマルコを生かしておけない」と。アニはライナーを非難。
  • ライナーは「この悪の民族に情が移っちまったからか?違うってんなら今ここで証明してみせろよ!」とアニをあおる。
  • ライナーはマルコを羽交い絞めにし、アニはマルコの立体起動装置を外し、置き去りにする。
  • 3人が遠くから見守る中、マルコは巨人に食われて死亡。

マルコの遺体はジャンに見つけられています。

つまりアニが「ごめんなさい」と言った時にあった遺体はマルコではないのです。

ただマルコを殺してしまったことに対して「ごめんなさい」といったと考えるのは十分ありえること。

マルコが食われる時、ベルトルトとアニは泣いていましたし、ライナーは兵士と戦士の2つの自分になるという精神異常をきたす程のできごとだったのです。

アニの「ごめんなさい」の意味~ルース?

 

 

アニメのDVD/BD6巻の初回特典で、アニ外伝「ウォールシーナ・グッバイ」というビジュアルノベルが発表されました。(単行本24~25巻の限定版の付録でアニメ化)

アニを主役にしたスピンオフ作品です。

その中で遺体の上着に縫い付けられた名前が見え、ルース・D・クラウンであるという描写があります。

こちらが最新の情報になるので、アニが「ごめんなさい」と言った遺体はルース・D・クラウンで確定です。

ルース・D・クラウンは外伝で初めて出てきた名前で、文章で触れられているだけでキャラデザインもない模様。

アニの訓練生時代の同期ですが話したことは一度もない、という関係です。

またアニがトロスト区で人を大勢死なせたことを後悔する描写があることにも注目!

「ごめんなさい」は知らない誰かに対してだった説、もこれまた確定です。

【まとめ】進撃の巨人・アニのごめんなさいの意味は?

アニの「ごめんなさい」の一言、こんなに意味が変わってきているのですね。

「ごめんなさい」の意味ですが、仲間が死んで自分は生き残ったという罪悪感から、人を大勢殺したという罪の意識へと変わりました。

そして「ごめんなさい」と言った対象は、ミーナ・カロライナ説からルース・D・クラウンで確定です。

ただ内心ではマルコに対して、死んだ大勢の人に対して言ったと解釈すべきでしょう。

進撃の巨人は過去の回想シーンで真実が語られることが非常に多いです。

その分それまでの解釈が変わることが発生するので、何度も再検証する必要がありますね。

 

【進撃の巨人】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>進撃の巨人を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です