進撃の巨人-未回収の伏線をまとめてみた!2019最新版一覧

進撃の巨人未回収伏線

進撃の巨人はたくさんの伏線がちりばめられ、きっちり回収されていくのが魅力の作品です。

物語は大詰めを迎えつつありますが、まだ未回収の伏線はいくつもあります。

そして肝心な、重要な伏線こそまだ残されているんですよね!

ここでは最新巻29巻を過ぎてもまだ未回収の伏線をまとめて紹介し、考察も加えてみたいと思います。

「2000年後の君へ」

進撃の巨人最大の伏線といってもいい、第1話のタイトル「2000年後の君へ」

現在有力な考察はユミル・フリッツが大地の悪魔と契約してから、エレンの13年の任期が終わるまでが2000年、2000後の君はエレンの次に巨人が託される子ではないか、というものです。

 

実は作者の諌山先生により、最終回の最後のコマのラフ画が公開されているんですね。

長髪の人物が赤子を抱き「お前は自由だ…」とつぶやいています。

赤子が2000年後の君その人なのかもしれません。

エレンの夢と涙

第1話の冒頭のシーン、ループ説が根強く残っている根拠の一つでもあります。

  • 「いってらっしゃい、エレン」の声で目を覚ますエレン、目の前にはミカサが。
  • 「ミカサ…お前髪が伸びてないか?」
  • 「そんなに寝ぼけるまで熟睡してたの?」
  • 「イヤッ何かすっげー長い夢を見ていた気がするんだけど…何だっけ思い出せねぇな。」
  • 「エレン?どうして泣いてるの?」

意味深な伏線のオンパレードですね。

 

考察としては、

  • 「いってらっしゃい、エレン」といったのはミカサではない。
  • 「すっげー長い夢」は道を通って流れ込んできた誰かの記憶を見ていたから。
  • 泣いていたのは、記憶の当人に気持が同化しているから。

というのがポピュラーですが、決定的な矛盾ががあります。

この時エレンはまだ巨人を継承していないんですね。

今後の伏線回収に期待したいところです。

ミカサの頭痛

ミカサの頭痛は起きる状況から考えて、エレンや家族を失う、失いそうになる時起こると思われてきました。

第112話でエレンは「リミッターをはずされたアッカーマン一族は、本来の自分が宿主を守ることを血で強いられることに抵抗を感じ、頭痛を起こすことがある。」と説明しています。

しかしエレンの説明は矛盾があり、頭痛はアッカーマン一族より東洋の一族に関わるもの、という考察もあるんです。

一見伏線は回収されたように見えますが、実はまだ本当の原因があるのではないでしょうか。

ミカサの右手首の印

第5話、ミカサは母に右手首に焼き印を押され「この印は私達一族が受け継がなきゃいけないものなの。自分の子供ができた時にも伝えるのよ」と伝えられます。

第107話で印はヒィズル国のアズマビト家の紋章で、ミカサはアズマビト家の末裔だと判明しました。

伏線は回収されたといえなくもないのですが、これで終わりとは思えません。

ミカサがアズマビト家の末裔であることが、物語の確信に関わってくるのは間違いないでしょう。

クルーガーがミカサやアルミンの名を知っていた

進撃の巨人の継承者であったエレン・クルーガーはグリシャに巨人を継承する際「ミカサやアルミンみんなを守りたいなら使命をまっとうしろ。」と発言しました。

この時まだミカサやアルミンは生まれてもいませんし、クルーガーも「誰の記憶だろう?」といっています。

ユミルの民はみな「道」でつながっていて、時には記憶や誰かの意思も道を通り送られてくる、と説明されていますが、未来の記憶も送られてくる、とは書かれていません。

ループ説にも繋がる情報なので、今後の伏線回収に期待したいところです。

結晶化したアニ

34話でアニは調査兵団に捕獲される寸前、結晶体の中に自分自身を封印して眠りにつき、地下に幽閉されました。

106話にて水晶体の中で眠ったままの姿で再登場し、アルミンが物言わぬアミに話しかけていましたね。

原作の諌山先生は「役割の終わったキャラクターは躊躇なく死亡させる。」と公言しています。

つまりアニはまだ役割が終わってないということでしょう。

 

すでに結晶を破壊する方法は顎の巨人の牙を使うことで可能なことが提示されており、最新話ではポルコはパラディ島に侵攻しています。

アニ復活はもうすぐかもしれませんね。

ジークを介抱した少女

未回収の伏線は古いものが多いですが、新しい伏線も生まれています。

114話でジークは自分に刺さっていた雷槍を爆発させ、リヴァイと自分自身を吹き飛ばしました。

ジークは腹から下が失われて死亡寸前の状態でしたが、小さな巨人が現れて自分の腹を裂いてジークを中に入れ、ジークは肉体を完全に再生します。

ジークはその時、謎の場所で知らない少女が土をこねて失われた下半身を作った、と述懐しています。

 

少女は始祖ユミル・フリッツと想像できますが、まだ明らかにはされていません。

再登場もあるでしょうし、更なる真実が判明するのかもしれませんね。

【まとめ】未回収伏線!最新情報

第1話「2000年後の君へ」やエレンの夢や涙など、120話を超えているというのにまだ回収されてない伏線があるんですね。

また古い伏線が多く残ってはいますが、ジークを介抱した少女のように新しい話からも新たな伏線が生まれているのがすごいです。

進撃の巨人という作品の特徴を考えれば、全ての伏線が回収されることはまず間違いないと思われます。

しかし「2000年後の君へ」などは最終回の最後の1コマを見るまで真実は分からないんでしょうね。

⇒回収済み伏線まとめはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です