【約束のネバーランド】頭が良いキャラ・ランキング!鬼vs人間

約束のネバーランド頭の良さランキング

約束のネバーランドの面白さは、頭脳戦・心理戦・駆け引きやだまし合いにあることに異論はないと思います。

であれば、身体的能力の高いキャラより、頭が良いキャラの方が注目度が高いですよね?

ここでは鬼、人間問わず、頭の良いキャラをランキングにして紹介していきます。

1位はあの人で決まりでしょうが、2位以下のランキングはどうなるでしょうか?

【約束のネバーランド】頭の良さランキング基準

ところで頭がいいって実際にどういうことを指すのでしょう?

ただ単に知能指数が高い、テストの成績がいい、だけでは測れないはずです。

  • 周囲の状況を把握し、先を予想できる。
  • 適格な判断が下せる。
  • 柔軟性がある、適応能力が高い。
  • 相手との心理的駆け引きができる。
  • 嘘がうまい、ずる賢い。

現代社会の世間一般の話ではなく、約束のネバーランドの世界において頭が良いとはこういうことではないか、と考えられます。

具体的には、万能タイプというのは少なく、

  • 情報を集める嗅覚、分析力。
  • 戦略(計画)を立てる力。
  • 実際の戦闘などで、瞬時の判断や行動が取れる。

などのタイプに分けられると思います。
キャラの顔が何人か頭に浮かびましたか?

【約束のネバーランド】頭の良さランキング

10位:フィル

  • テストのスコアが4歳にして6位。
  • エマから鬼の話を聞いても動じない理解力の高さ。

孤児院のテストのスコアは1位からノーマン、レイ、エマ、ギルダ、ドンの順番でフィルが6位。

ノーマン、レイ、エマが11歳、ギルダとドンが10歳、フィルは何と4歳!ありえない!

エマ達の脱出時、イザベラをだます演技もしたりと、将来性やポテンシャルは評価できます。

9位:シスター・クローネ

  • ママ候補なので当然頭は良い。
  • 相手の仕草からも情報を読み取る洞察力。

顔芸の人、ギャグ要員だなんて思ってはいけません。

エマ達との腹の探り合いでは、頭の切れる女性っぷりをいかんなく発揮しています。

発信機を無効にする手段はすでにあることを見抜かれ、ノーマンにしてやられた!と思わせました。

8位:バイヨン卿

  • 身体能力の高さに頼らず、戦術的に効果的な戦い方をする。
  • 食用児が鬼の殺し方を知ってることから首謀者の存在に気付く。

仲間のルーチェやノウス&ノーマがあまり頭が良さそうに見えないのですが、バイヨン卿は切れ者のよう。

人質を取って情報を割り出そうとしたり、わざとやられて相手の本拠地を探ろうとしたりと、なかなかの知略家ぶりを発揮していました。

7位:ユウゴ

  • 戦いの趨勢を読む能力や察しの良さなど、実践で生きる頭の良さ。
  • 察しの良さも頭が良い要因の一つではないか。

仲間のルーカスのように戦略を練るというより、もっと動物的カンに優れたタイプと見受けられます。

鬼が出そうな危険な区域でも活動してきた、狙撃時の位置取りがうまいなどサバイバル性が高い、こういうのも頭がいいと評していのではないでしょうか。

6位:ルーカス

  • ゴールディポンドの食用児達の司令塔役だった。
  • 人間が鬼と戦い、勝つプランを立案。

戦略家としてはGF脱出をプランしたノーマンがいますが、ルーカスも戦略家タイプです。

何しろ鬼から逃げるでなく、戦って倒すですから!

しかし計画は思い通りにはいかず、ユウゴやレイの救援がなかったら危なかったんですけどね。

5位:レウウィス大公

  • 先を読む能力、何をするかわからない怖さ。
  • 視覚を奪われた後、声がした方に攻撃をしかけるなど対応力が高い。

鬼の中ではレウウィス大公の頭の良さは別格で、戦いの中で戦況を読む能力やカンの良さが優れています。

マシンガンの無人乱射の様子から、エマ達が仮面を割る武器をもっていると見抜いたり、エマと対峙した時に時間かせぎをしていると看破したりしていました。

4位:イザベラ

  • ママを務めているので頭の良さは折り紙付き。
  • 緩急をつけたエマ達へのプレッシャーのかけ方がすごい。

GF脱獄編において、心理戦でエマ達3人と渡り合う頭の良さを見せつけました。

懐中時計型の受信機をわざとエマ達に見せたり、「昨日門に行った?」とカマをかけたりと、駆け引きのうまさが光ります。

3位:エマ

  • 子供達全員での脱出を5歳以上に切り替えるなど柔軟性がある。
  • ノーマン出荷後、全てをあきらめた演技でイザベラをだますなど、したたかな面もあり。

エマは天真爛漫で子供っぽい性格のせいか、頭がいいキャラという目線だと、低く見られがちのようです。

しかしノーマンやレイと並ぶフルスコア組、頭はいいに決まってます。

鬼や敵に追われながらも、常に論理的に最善の道を思考する姿が印象的です。

2位:レイ

  • 幼い頃からイザベラと内通しつつ駆け引きを続けていた。
  • 知識が豊富、常に冷静で現実主義的。

天才肌のノーマンに対し、読書家で勉強家な努力の人、秀才タイプという感じがしますよね。

幼児期健忘が起きなかったという偶然はありますが、幼い頃からイザベラの内通者をしながら、一人でひそかに脱獄の準備をしていた、という腹黒さも頭の良さの一つだ思います。

1位:ノーマン

  • GF脱出のプランはほぼノーマンが立案。
  • 他の食用児を率いてラムダ7214を壊滅させた。

1位は当然ノーマン!

テストは常にフルスコア 、脱出劇の実質的なリーダーとなっていました。

またイザベラとの心理的戦にも優れた面を見せていましたね。

ラムダ7214を脱出しミネルヴァの名を名乗るようになってからは、更に切れ者ぶりが増しています!

【まとめ】頭の良さランキング・鬼vs人間

物語の当初は、知恵を絞り合った頭脳戦が主でしたが、ゴールディポンドでは鬼を倒すという展開になったのには正直驚いたものです。

しかし、心理戦や駆け引きが重要なのは変わっていません。

そして最新巻では話が大きくふくらみ、鬼と食用児との全面対決という様相になってきています。

ラムダ7214出身のノーマンの部下など、脳筋キャラも増えました。

それでも手に汗にぎる頭脳戦が繰り広げられ、頭の良いキャラがもっと活躍してくれるといいですよね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です