進撃の巨人・劇場版映画の一覧とおすすめランキング

進撃の巨人劇場版おすすめランキング

進撃の巨人の劇場版は現在3本公開されていますが、中身はTVアニメシリーズの総集編です。

TVアニメを全部見ていた方は見る必要はないかもしれません。(未公開シーンの追加などはありますが)

しかし忙しくて時間のない方や人に教えたい時には、コンパクトにまとまっているのでおすすめです。

ここでは実写版の2作も合わせて、劇場版映画の一覧とおすすめのランキング紹介をしていきます。

進撃の巨人・劇場版映画一覧

 

 

  • 劇場版 進撃の巨人 前編~紅蓮の弓矢~(2014年)TVアニメ第1期の1話から13話までの総集編。
  • 劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~(2015年)TVアニメ第1期の14話から25話までの総集編。
  • 劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~(2018年)TVアニメ第2期の26話から37話までの総集編。
  • 実写版 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前編(2015年)
  • 実写版 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド 後編(2015年)

進撃の巨人・劇場版映画おすすめランキング

第1位:劇場版 進撃の巨人 前編~紅蓮の弓矢~

 

 

何と言ってもおすすめは劇場版の1作目です。

ある日突然壁が壊され、人々は巨人になすすべもなく食われる、という衝撃のイントロをぜひ味わって欲しいと思います。

あらすじとしては、

  • 超大型巨人にシガンシナ区の壁が壊され、エレンの目の前で母が巨人に食われる。
  • エレンはミカサ・アルミンと訓練兵団に入団、そして卒業。
  • 今度はトロスト区の壁が破られ、訓練兵達が次々にやられていく中、エレンが巨人化。
  • 巨人化したエレンが壁の穴を大岩でふさぐことに成功。

までを描いています。

第2位:劇場版 進撃の巨人 後編~自由の翼~

 

 

第2位は劇場版の2作目です。

立体起動装置を使ったアクションや巨人同士の戦いなど、戦闘シーンの見所が多いですね。

 

あらすじとしては、

  • エレンが裁判にかけられるが、調査兵団預かりとなる。
  • 壁外調査が行われ、女型の巨人の急襲に遭うがこれを捕獲、しかし逃げられる。
  • リヴァイ班が襲われ、エレンが巨人化するも敗北してさらわれるが、リヴァイとミカサが奪還。
  • 調査兵団は王都に召喚されるもアニが女型の巨人であることを突き止め、アニを拘束。

までを描いています。

第3位:劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~

 

 

第3位は劇場版の3作目です。

謎が謎を呼ぶ展開で、前2作に比べると、若干分かりずらいかもしれません。

アニメ版の3作品はどれも高クオリティの作品で順番をつけるのはとても難しいですね!

 

あらすじとしては、

  • 待機させられている104期生達に巨人出現の情報が入り、対応に迫られる。
  • ウドガルド城で休息中、夜にもかかわらず巨人が襲来。
  • ライナーとベルトルトが巨人であることを明かし、エレンをさらう。
  • 調査兵団はエレンを奪い返し、エレンに座標の力が発動。

までを描いています。

第4位:実写版 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前編

 

 

第4位は実写版の1作目です。

  • 原作の中世ヨーロッパ風の舞台から、荒廃した雰囲気の日本に変更。
  • リヴァイという名の発音が日本にそぐわないため。シキシマに変更。
  • エレンが青年と呼べる年齢になり、ミカサに想いをよせているという設定に変わっている。

など大きく設定が変わっています。
恋愛や性的な描写も原作より多くなっているのも特徴です。

正直いって進撃の巨人の実写版は、原作マンガ、アニメ版に比べて評価が低いです。

しかしVFXによる映像は迫力があり、巨人の恐怖感も倍増されているなど、映像的には素晴らしいものがあります。

気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

あらすじとしては、

  • エレン、ミカサ、アルミンは壁の外を見たくてそばまで行くが、超大型巨人に壁を壊され巨人達に襲われる。その中ミカサは巨人に食われる。
  • 2年後、エレン、アルミンは調査団に入り、壁の穴を爆薬でふさぐ作戦に参加。
  • ミカサが生きていたことが分かるが、シキシマと付き合っているようでエレンには冷たい
  • 巨人に襲撃される中エレンは巨人に食われるが、巨人化して他の巨人を駆逐した。

といった感じです。

第5位:実写版 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド 後編

 

 

第5位は実写版の2作目です。

1作目より巨人の登場シーンが少なく、上官の長い演説や世界の真相をセリフだけで語らせるなど、テンポが悪いです。

あらすじとしては、

  • 巨人化したエレンは反乱分子として処刑されそうになるが、鎧の巨人(シキシマ)に連れ去られる。
  • 巨人は遺伝子操作で作られたものが暴走したものだった。 シキシマは巨人を使って政府要人の全滅を企んでいる。
  • シキシマの計画を阻止したエレンは壁を直そうとするが、超大型巨人(クバル主管)に邪魔される。
  • 鎧の巨人が超大型巨人と心中して壁は塞がった。

といった感じです。

【まとめ】進撃の巨人・劇場版映画ランキング

アニメ版と実写版、同じ進撃の巨人でも全く毛色の違う作品といっていいでしょう。

しかし実写版の改変は原作の諌山先生も深く関わっているんですね。

例えば

  • 「原作の枠を取っ払ってほしい。」
  • 「エレンを、巨人に恐怖を感じる普通の弱い人間にしたい。」
  • 「巨人で観客を怖がらせないでほしい。」

などとリクエストしたりしているんです。

そう考えると、世間では酷評している人が多いけど実写版も見てみなければ、という気持ちになりませんか?

 

【進撃の巨人】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>進撃の巨人を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です