進撃の巨人-九つの巨人の種類一覧・継承者も一覧にまとめてみた

進撃の巨人九つの巨人種類一覧継承者

進撃の巨人もついに九つの巨人が勢揃いしましたね。

それぞれの巨人の強さや能力、継承者が誰なのか忘れていませんか?

継承者が死んで、新しい継承者に受け継がれている巨人もいます。

ここでは九つの巨人の種類と継承者を一覧にしてみました。

巨人や継承者が現在どうなっているのか、おさらいしていきましょう。

九つの巨人とは?

エルディア人の始祖ユミルは死後、巨人の魂を九つに分けました。

そしてエルディア人はさまざまな特徴をもつ九つの巨人の力を使い、エルディア帝国を建国して大陸を支配するようになります。

しかし絶大すぎる力は争いを生み、いつしかエルディア人同士で争うことに。

「巨人大戦」と呼ばれる内戦の末にエルディア帝国は崩壊し、7体もの巨人がマーレの手に渡ることとなりました。

残り2体のうち始祖の巨人はパラディ島に渡ったレイス家が継承。

進撃の巨人も壁外に残ったエルディア人によって秘密裏に継承されていきます。


九つの巨人の種類一覧

始祖の巨人

  • 継承者:ウーリ→フリーダ→グリシャ→エレン
  • 所属:パラディ島
  • 特殊能力:すべての巨人を操る、エルディア人の記憶を改ざんする

すべての巨人を操ることができる、九つの巨人の頂点に立つ巨人です。

マーレでは始祖の巨人の力を「座標」と呼んでいました。

始祖の巨人が強大といわれるゆえんは、パラディ島の壁に埋め込まれた巨人を操って行進させることで「地ならし」という無差別破壊をもたらすこと。

さらにカール・フリッツは始祖の巨人の力でエルディア人の記憶を改ざんしていました。

始祖の巨人はレイス家によって継承されています。

そして、その力は王家の血を引く者にしか使うことができません。

ところが「不戦の契り」によって、レイス家の者も始祖の巨人の力を使えない状態にあります。

現在はエレンが始祖の巨人を継承していますが、エレンが王家の血を引く者と接触すれば始祖の巨人の力を使えることが判明しました。

進撃の巨人

  • 継承者:クルーガー→グリシャ→エレン
  • 所属:パラディ島
  • 特殊能力:なし

いつの時代も自由のために戦い続けたと言われる巨人。

特殊な能力は持っていませんが、戦闘能力は九つの巨人の中でも非常に高いものです。

作中ではエレンの格闘能力と戦闘経験によって、どんどん強くなっていますね。

またロッドの所持していた薬を飲み、硬質化能力も手に入れました。

鎧の巨人

  • 継承者:ライナー
  • 所属:マーレ
  • 特殊能力:硬質化による防御

作中で最初に登場した巨人のひとつ。

黄金色の鎧に身を包んでおり、また身体を硬質化させることで鉄壁の防御力を誇ります。

ライナー自身の戦闘能力も高いため、エレンにとっては脅威となりましたね。

タックルによる攻撃も強力で、壁を守る門を軽々と破壊しています。

超大型巨人

  • 継承者:ベルトルト→アルミン
  • 所属:マーレ→パラディ島
  • 特殊能力:超高熱の蒸気を発する

作中で最初に登場した巨人のひとつ。

パワーは全巨人でも随一で、パラディ島の壁そのものを破壊してしまいました。

また身体から超高熱の蒸気を発することができ、通常の人間では近づくこともできません。

しかし動きが鈍く、超高熱の蒸気のせいで消耗が激しいのが弱点。

女型の巨人

  • 継承者:アニ
  • 所属:マーレ→パラディ島
  • 特殊能力:操ることはできないが、巨人を呼び寄せる

女性型の巨人。

しなやかな身体で機動力が高く、アニの戦闘能力も加わってエレンを何度も倒しています。

腕など部分的に硬質化することで攻撃力を底上げすることも可能。

また操ることはできませんでしたが、周囲の巨人を呼び寄せることもできました。

持続力も車力の巨人に次いで高く、汎用型の巨人といえますね。

顎の巨人

  • 継承者:マルセル→ユミル→ポルコ
  • 所属:マーレ
  • 特殊能力:硬質化物質を噛み砕く

素早い動きで敵を翻弄する強襲型。

するどい爪によるひっかきと、硬い牙によるかみつきによる攻撃力は非常に高いですね。

また牙には硬質化物質を噛み砕く力がありました。

獣の巨人

  • 継承者:ジーク
  • 所属:マーレ→パラディ島
  • 特殊能力:なし

長い手足を持つ猿のような外見をした巨人。

ジークは砕いた岩塊を長い腕で流星のように放ち、調査兵団を半壊させていました。

おそらく長距離攻撃に特化した巨人であると思われます。

車力の巨人

  • 継承者:ピーク
  • 所属:マーレ
  • 特殊能力:なし

四本足で移動する巨人です。

輸送による支援に特化していますが、中東連合との戦いでは兵器を載せて攻撃する姿も見せていました。

持続力は九つの巨人で最も高く、ピークは二か月も巨人化し続けられるとのこと。

戦槌の巨人

  • 継承者:タイバーの妹→エレン
  • 所属:マーレ→パラディ島
  • 特殊能力:硬質化物質を作り出す

硬質化を応用した能力を持つ巨人。

マーレで大きな影響力を持つタイバー家によって、代々継承されてきました。

地形を操作したり、硬質化物質で武器を作ったりすることができます。

本体がうなじでなく地中に存在するのも、大きな特徴でしたね。

⇒戦槌の巨人能力詳細はコチラ

九つの巨人の継承者一覧

始祖の巨人

ウーリ・レイス

ロッド・レイスの弟。

ケニー・アッカーマンの襲撃を受けるも返り討ちにし、ケニーを中央憲兵に招き入れています。

これをきっかけにアッカーマン家への迫害が終わることになりましたね。

かつては始祖の巨人の力で巨人を駆逐しようとしていました。

しかし「不戦の契り」の呪いに逆らえず、豹変したことが明らかになっています。

フリーダ・レイス

ロッド・レイスの長女。

叔父であるウーリから始祖の巨人を継承しています。

しかしウォール・マリアが壊滅した時にグリシャの襲撃を受けて死亡し、始祖の巨人をグリシャに奪われることとなりました。

迫害されていたヒストリアにとって、フリーダは数少ない理解ある親族だったようです。

進撃の巨人

エレン・クルーガー

マーレ当局の役人です。

しかしその正体は「フクロウ」として活動していたエルディア復権派のスパイ。

正体を露見させないため、グリシャたちエルディア復権派に拷問を繰り返していました。

グリシャに進撃の巨人を継承させ、始祖の巨人奪還を託しています。

グリシャ・イェーガー

エレンの父親。

妹を殺されたことをきっかけにマーレを憎み、エルディア復権派に加わっています。

フリッツ王家の血を引くダイナと結婚してジークという息子をもうけ、ジークをマーレの戦士として潜入させようともくろみます。

しかしジークに裏切られて、グリシャはパラディ島送りにされてしまいます。

その時にクルーガーから始祖の巨人奪還を託され、パラディ島に渡ることとなりました。

パラディ島ではレイス家を襲撃し、始祖の巨人を奪取。

その後、新たな息子エレンに進撃の巨人と始祖の巨人の力を託して死亡しました。

エレン・イェーガー

進撃の巨人の主人公。

壁内に侵攻してきた巨人に母カルラを殺され、巨人に対する強い憎しみを持っています。

その時に父グリシャに巨人薬を打たれ、グリシャを捕食することで進撃の巨人と始祖の巨人の力を継承しました。

訓練兵団ではアニ直伝の格闘術で5位の成績。

当初は慣れなかった巨人化能力も戦いの中で磨き上げ、硬質化能力も得るに至りました。

始祖の巨人の力を得たことでマーレに狙われ、現在は世界の敵となっています。

マーレでは戦槌の巨人を倒し、その力も手に入れましたね。

鎧の巨人

ライナー・ブラウン

エレンの訓練兵団の同期。

その正体はマーレの戦士であり、鎧の巨人でした。

鎧の巨人の鉄壁の防御力に加えて、ライナー自身の高い戦闘能力でエレンたちを苦しめています。

始祖の巨人がエレンに宿っていたことを知り、エレンを誘拐しようとしますが失敗。

マーレの戦士と調査兵団という2つの立場はライナーの精神を分裂させてしまい、マーレに帰ってからも苦しみにさいなまれていました。

超大型巨人

ベルトルト・フーバー

エレンの訓練兵団の同期です。

その正体はマーレの戦士であり、超大型巨人でした。

当初は主体性がなく目立たない存在でしたが、訓練兵団では3位という能力の高さ。

ウォール・マリア奪還戦ではアルミンとの駆け引きを制し、背後から襲ってきたミカサと互角に立ち回る活躍を見せています。

しかし最後はエレンたちに敗れ、巨人化したアルミンに捕食され死亡しました。

アルミン・アルレルト

エレンの幼なじみです。

身体能力こそ劣るものの、聡明な頭脳でエレンたちの窮地を何度も救ってきました。

訓練兵団でも10位には入れませんでしたが、座学ではトップの成績。

ベルトルトとの戦いでは超高熱の蒸気にやられ、瀕死の重傷を負って生死の境をさまよいます。

その後巨人薬を打たれて復活し、ベルトルトを捕食して超大型巨人を継承しました。

女型の巨人

アニ・レオンハート

エレンの訓練兵団の同期です。

その正体はマーレの戦士であり、女型の巨人でした。

父親に格闘術を徹底的にたたきこまれ、戦闘能力は同期の中でもトップクラス。

巨人化した時もその力でエレンを何度も苦しめてきました。

しかし最後はエレンと調査兵団によって敗北し、みずから硬質化の結晶に包まれて眠りについています。

4年後の現在も目覚めることなく、眠りについたままでした。

⇒アニの今と今後の考察はコチラ

顎の巨人

マルセル・ガリアード

ポルコの弟です。

ライナーたちと同じマーレの戦士であり、顎の巨人の継承者でした。

しかしパラディ島上陸直後に、まだ無垢の巨人だったユミルに捕食され死亡しています。

ユミル

エレンの訓練兵団の同期。

もともとは壁外を徘徊していた無垢の巨人で、顎の巨人の継承者マルセルを捕食することで人間に戻ることになりました。

訓練兵団では上位に入る実力者ですが、ヒストリアに10位を譲る形となっています。

巨人化能力を使いこなせていたわけではありませんが、森などの地形ではかなりの強さを見せていましたね。

みずからの意志でマーレに渡り、マルセルの弟ポルコに顎の巨人を継承させて死亡したことが判明しました。

ポルコ・ガリアード

マーレの戦士で、顎の巨人の継承者。

顎の巨人の本領は、ポルコが継承してから発揮されることになりました。

エレンと戦槌の巨人の戦闘時にエレンに襲い掛かりますが、顎の巨人の特性を逆に利用されて戦槌の巨人を奪われる原因となってしまいます。

その後ポルコもエレンに捕食されかけますが、ライナーによって救出されました。

獣の巨人

ジーク・イェーガー

マーレの戦士長であり、獣の巨人の継承者。

その正体はグリシャの息子で、エレンにとっては義兄にあたります。

獣の巨人の特性を最大限に使いこなし、岩塊を放って調査兵団を半壊させました。

また無垢の巨人を操っていますが、これはフリッツ王家の血を引くジークだからこその能力。

現在はマーレを裏切り、エルディア復権のためエレンたちに加担しています。

車力の巨人

ピーク

マーレの戦士である女性で、車力の巨人の継承者。

パラディ島ではここぞという時に現われて、ジークやライナーの危機を救っています。

戦闘能力が高いわけではなさそうですが、判断力の高さを評価されていました。

戦槌の巨人

ヴィリー・タイバーの妹

タイバー家当主ヴィリーの妹で、戦槌の巨人の継承者。

ヴィリーにとっては、妹に戦槌の巨人を継承させるのは本意ではなかった様子です。

しかしエレンとの戦いでは戦槌の巨人の硬質化能力を使いこなしていました。

硬質化による消耗が激しすぎたのか、長期戦には耐えられず。

最後は本体を守る結晶体ごと顎の巨人の牙に砕かれ、エレンに捕食されています。

【まとめ】九つの巨人・継承者一覧

九つの巨人の能力や継承者についてまとめてきました。

ほとんどがマーレの手に渡っていた巨人ですが、現在では多くの巨人がエレンたちパラディ島側の手に渡っています。

継承者が変わっている巨人もいましたね。

九つの巨人の今後の活躍に、期待しましょう。

 

【進撃の巨人】をお得に一気読みするならココ!

今なら無料会員登録で50%オフクーポンが貰えるぞ!

ポイント制だから読めば読むほど「得」になる!

一部上場企業運営だから個人情報も安心安全♪

>>進撃の巨人を一気読みしてみる<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です